月別アーカイブ: 2013年7月

すずらん@目黒 2

009.JPG
饂飩すずらん
 是非冷たい饂飩を食べてみて下さい。昨日、かづ屋に来店されたすずらんのご主人がすすめてくれました。
 メニューに何種類も冷たい饂飩がありましたが、冷や汁付けうどんに目が止まり注文をしました。
 冷や汁と言えば宮崎を思い浮かべますが、こちらはご主人のお母さまの御実家である埼玉が原型であるそうです。探せばこれに類する料理は全国にあるかもしれません。
 付け汁に浮かんでいるのは、胡瓜に茗荷に胡麻です。麺は前回に温かい汁でいただいたのと同じ仕様と思われます。しっかりと熟成した多加水麺です。想像するに多分、この仕様は冷たい麺に照準を合わせているようです。熟成の強い麺は、腰が強いが汁との絡みが弱くなります。しかしこのうどんは味噌仕立ての付け汁によく絡んでくれます。
 付け汁の茗荷が私好みです。さらに鯵の開きなぞ、香ばしく焼かれてむしられて入っていれば実に贅沢かと想像したりもしました。
 ご馳走様でした。
すずらんのご主人からコメントをいただきました。
 お母様のご出身は栃木だそうです。失礼いたしました。

喜長@祐天寺 2

006.JPG
 
  甘酒のババロア
 甘酒「ノンアルコール」と山芋
 煎茶 マスカット風味
 好みで言えばもう少し甘さがあればと思います。
 山芋と酒粕の取り合わせは変わった食感です。
 煎茶の出来が見事です。これは持て成しの基本ですね。

すずらん@目黒

002.JPG
 目黒通りを走っていたならば見慣れぬお店を発見しました。場所は目黒消防署の向かいあたりです。
 関西風饂飩と旗がなびいています。明るい木肌をに覆われた店先に引き寄せられる感じがあります。
 中に入り驚いた事に、かづ屋のお客様ではありませんか。聞けば開店してもう一年は過ぎるそうです。食べ物屋には目ざとい私がすこし老いたかの感があります。
 ここ数年すっかり讃岐うどんが東京で定着したようですが、こちらは関西風とあります。異なる処が楽しみになります。
 注文したのはゴボウ天入りです。斜に切って食べ良い天麩羅の入った温かい一杯です。
 うどんは讃岐ほど太くはありませんが、熟成が強めです。ツルツルの触感に強い腰があります。お汁は上品に仕上がっていますが旨味がしっかりしています。下手をすればこのての麺はお汁が馴染まない事があります。しかしこちらの麺はしっかりと旨味を口に運んでくれます。
 真面目に仕事に取り組んでいるのが伝わってきます。
 また寄らせていただく事になるでしょう。

喜長@祐天寺

005.JPG
 和風ブラマンジュ 豆乳ぜりータイプ
 梅カクテル 紅茶ベースに梅の風味
 和風スイーツカフェです。
 いわゆる甘味処や和菓子屋さんとは趣が異なります。
 私より年配のご主人にそのあたりを伺ったならば、和食のお店を長年営んでおられたそうです。そこの料理のデザートだけ特化させたお店がこちらだそうです。
 聞けば少し納得できます。使われている食材だけでも和菓子屋さんの領域ではないようです。
 和風ブラマンジュは濃厚でまったりはしていますが、後味に切れがあります。黒豆も良いアクセントになっています。梅カクテルは温かいものをいただきましたが、暑い外気にさらされていた体に清涼感をもたらしてくれました。
 これから何度も寄らせていただく予感がします。

下目黒日録 7月15日

 古くからのお客様とお話をしていると、つい年齢の話なぞなり、果ては何時までラーメンを作り続けるか等に及んできます。
 私的には後20年は作っていくつもりです。今57歳ですから目標は77歳となります。
 自分の技量を考えてみれば、ラーメン職人としての円熟期にそろそろ入りかけたのではないかと思う事もあります。まだまだ問題点は在りますが、職人としての収穫期は近いかと思っております。そんな処ですから後20年は現役を張って行きたいです。
 飲食業の世界全般を見渡してみれば、けっこう70代で現役の方がいらっしゃいます。有名な方ではお鮨の、すきやばし次郎のご主人などは大きな目標となります。
あんなに高名になろうとは思いませんが、第一線で仕事を続けて行けたら素晴らしいと考えています。

下目黒日録 7月14日

 こんなに暑い日が続くと、かき氷なぞが食べたくなります。
 しかし街中で意外と食べられる所はみあたりません。ファミリーレストランや縁日の屋台などで見かけますが、手軽に望む時にとはいきません。
 思い返してみた処、昔はどんな所で食べていたでしょう。 
 地方によって異なると思いますが、私が子供時代を過ごした広島では、意外とお好み焼き屋さんで食べていたようです。もっとも駄菓子屋の片隅や喫茶店にも有りましたが、私の記憶の多くにお好み焼屋さんがあります。
 そんな処からラーメン屋でかき氷も有りではと考えてみました。
 夏場はどこでも入客減ります。冷やし麺をお出ししても限界があります。そううなればデザートとはいわず、それだけでもおお迎えできるように美味しいかき氷作ってみましょう。台湾あたりになにかヒントがあるかもしれません。本気で考えてみますか。

下目黒日録 7月13日

  外国人の十名ほどの団体様がご来店。人種も国籍もバラバラで中には再来店の方もチラホラ。ご注文はめいめいバラバラです。指向が各自かなり異なるようです。
 その中で20代の白人男性がベジタリアンとおっしゃる方がいました。卵と魚は大丈夫だが肉が駄目だそうです。
 たまにこのようなお客様がいらっしゃいますが、ベースのスープに動物系が使われているので、どうにも対処出来ないとお断りしていました。しかし本日のお客様は諦めずに何とかしろと食い下がります。こんな状況を後ろから見ていた、ネパール人スタッフのサシ君から提案がありました。汁なし坦々麺の挽き肉を抜き、鶏油をかけなければ問題無いのではと。それはなるほど名案でした。さすが色々な宗教が混在する地域の出身だけあるなと関心もするどころです。
 早速汁なし坦々麺のベジタリアン仕様をお作りしました。お客様にしてみれば、パクチーが殊の外お気に入りなようで、さらに追加して差し上げれば大変喜ばれていた様子でした。

ゼロダークサーティン

da-ku.jpg
  映画、ゼロダークサーティを見て参りました。
 ロードショウ公開に間に合わなかったにで下高井戸の2番館にての鑑賞となりました。
 アメリカがオサマビンラディンを襲撃した実話の映画化です。現実に実行されて数年しか経てないにも関わらず、このような作品が登場する事に驚きがあります。しかも時事問題を扱ったセンセーショナルな話題性だけの映画でもなく、作品としても評価が高いようです。アメリカの安全保障の観点から公表出来ない問題も沢山有るかもしれませんが、よくぞこんなシナリオが書けた関心します。こんな処にもアメリカの底力があるのでしょう。
 CIAのパキスタン支局に赴任した女性分析官が何年もかけ地道な調査を積み上げる事によりビンラディンの所在を掴む話です。
 物語はテロ組織の捕虜をCIAの職員が尋問する処から始まります。尋問と言えども生半可では情報は得られずやがて拷問へとエスカレートします。テロ容疑者に対する取り扱いでは、世界中から批判を受けていたグアンタナモ収容所の実態があります。現実には至る所で同様な事が行われ、またそれに対する検証と非難は確実に起こっております。そんな声に対し為政者も無視するわけにもいかない処です。映画の流れの中でも拷問を情報収集の手段とは使えなくなってしまいます。
 しかし実際問題このような拷問を含めたテロ容疑者の取り扱いは、人権問題以前に果たして有効な手段であるのかといえば、私には大きな疑問に思えます。映画のシーンにおいてもCIAが拷問を加えるのがいかにも非情な行為として描かれていますが、所詮中途半端な生ぬるい責めでしかないのでしょう。何よりも拷問を施しているのはCIA職員、いわば公務員であるわけです。彼らは通常の市民生活の中から教育を受け試験に受かって採用されてきた人であります。またキャリアを積んで管理職ともなればワシントンでの官僚生活の可能性が待ち受ける人でもあります。
 方やテロ容疑者達の置かれている状況はそんなアメリカ人とは雲泥の差がある状況でしょう。そこには宗教的な熱狂も有るでしょうし、属する組織の非情さは西洋社会の規範から大きくそれる処にあるでしょう。言うならばCIAが行う拷問よりも信仰や組織のほうがよっぽど怖い存在であるはずです。もしかしてテロ容疑者達は拷問を受けながらも、内心はアメリカ人の生ぬるさをセセラ笑っていたかもしれません。
 かつてコッポラが「地獄の黙示録」で同様のテーマを描いているのを思い出しました。ベトナム戦争においてアメリカは西洋世界とは異質な敵と対峙します。そしてその異質さを乗り越えられず行き詰まります。物語はこの戦いに勝には西洋社会の規範の超えなくならないと信ずるカーツ大佐の狂気が主題となっていました。アメリカは対テロ戦争においてもベトナム戦争同様な問題を抱えているといえます。しかし多くの対価は支払っているだけでなく成長もしているはずです。
 映画はやがて主人公のCIA職員による地道な調査へと向かいます。それは藁の中から縫い針を探すような気の遠くなるような根気が必要とされました。さらに同僚の女性職員がテロ攻撃により死亡するにいたり、その行動は執念を帯びていきます。
 映画の終盤は、捜査の足掛かりが付くにいたり畳み掛ける展開となります。さらに所在地特定から強襲作戦にかけて結果は判っていても固唾を呑んで見入ってしまいました。
 このようにテーマは時事問題として深い処にありますが、それでいて超一級のエンターテイメントに仕上がっているのが本作であります。

富山ブラック@武蔵小山

001.JPG
  武蔵小山の通称26号通りに、けっこう目を引く店舗があります。二階建てのビルで一棟全体が一つの店舗のようです。目立つ外観と立地から飲食店の入れ替わりの早さも際立ちます。私の記憶では短いサイクルで3業種位変わっているようです。中にはカレー雑炊専門店など、どれほどの人を惹きつけるのか疑問に思える店舗もありました。
 そんな目立つ場所に富山ブラックラーメン「いろは」が開店しました。
 富山と聞けば、私的には數家家の発祥地なので興味が沸いてきます。さらにご当地ラーメンとして話題に上る事の多い富山ブラックは、その特異な外観とともに一度は食べなくてはと思っておりました。
 店に向かえば店の全面に有名シェフと店主の共同開発として、麻婆ブラックラーメンの広告が大きく張り出されてありました。従来であればこのような派手なアピールをされると、入店意欲が急激に低下するのが常であります。しかし酷暑日の3時過ぎと、さらに他店に移動するに気にもなれず、食べてみるかとなりました。
 店の中は新規開店故に真新しい内装ですが、その割には空調の利きが悪くかなり高温の状態です。また新規開店の意気込みが強いのか、お仕着せの接客用語が店内に響き渡っていました。熱気があると言えばそうなんでしょう。 
 食べたのは富山ブラックラーメンです。強い熟成の醤油ダレを予想していましが、甘手の強いスープはそれだけでは無いようです。麺は太めで色の濃いボソッとした食感です。
 今後、この数年のうちに首都圏に30店舗ほど展開させるようです。経営者は随分と気合いが入っているようです。

下目黒日録 7月10日

「俺はまだ本気出してないだけ」なる題の映画が公開されているようです。
 観に行く予定はありませんが、このフレーズは気になります。この映画固有の言葉でなもなく時々耳にする事があります。今の若者が怠惰な現状を取り繕う為に使われているのか。しかしこれは今に限っわけでもないのではと考えます。なぜならばかく言うこの私も若い時分は勉強に関してはそんな心情でいたようです。
 情けない話ではありますが仕事場においてそんな言葉が吐かれている事があります。今のスタッフではありませんが、たんたん亭時代を含めて何人かはそんな心情で仕事に向かっていたようです。この場合、本気を出さないのは雇われいる間に限りで、独立開業すれば全力を出すと言った話であるようです。
 しかし、そんなに旨く事が運ぶわけでもありません。独立すれば誰の監督も受けるわけではなくり、自分自身を厳しく仕事に向かわせて行かねばなりません。逆にこっちの方こそ難しいといえます。
 実際ににそのような言葉を吐いていた人には厳しい人生が待ち受けていたようです。
 現実として、独立した後に、雇われている時以上の仕事をするのは難しいと言うことです。