せたが屋@駒沢本店

せたが屋
味を変えたと報じられているので行ってまいりました。
かつて食べたのはいつだっただろうか、どんな味であったのか少し記憶は確かではありません。しかし実際にラーメンを食べてみればその変化は理解できました。確か以前は透き通った醤油味であったはずです。今日いただいたのは豚骨への分水嶺を少しだけ越えた感じがあります。さらに海産物の節系もしっかりと煮出されていました。以前から端麗系にしてはメリハリのある味わいであったようですが、味変してさらにわかりやすくうま味が伝わってきます。
さらにおいしかったのはぷりぷりとした麺です。これも以前とは違うか記憶が定かでではありませんが、幾分太くなり加水も増えて弾力のある歯ごたえが増した感じです。最後まで伸びず、これなら大盛りにすればと思いましたかった。
さてこちらのお店がこんな味変えをされるのは様々な事情もあるのでしょう。業界全体を考えてみても昨今の新しい店はみな味わいのしっかりとしたラーメンを作ってきています。たぶん以前と比べ物にならないような原価もかけているようです。そんな風潮に伍していくには既存店も相当に工夫が必要となっています。
さてかづ屋においても極端な味変は行っていませんが年々工夫を怠ってはいません。原価も少しずつかけています。それに従い調理技術だけでなく経営全般で努力が必要となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>