月別アーカイブ: 2018年1月

募集

  従業員募集
 本年5月に
 スタッフが一名退職します。
 それにともない欠員を補充します。
 独立開業を志す方。
 アルバイトやパート勤務希望の方
 シニア世代ながら元気な方
 様々な働きかたの
         相談にのります。
 詳細は面談のうえ、
 お気軽に声をかけて下さい。
 
 同様にかづ屋出身者の店でも
 人手が不足しています。
 千葉は行徳の「支那ソバ小むろ」
 高円寺の「麺屋はやしまる」
 お気軽にお問合せ下さい。
 

店内にこのような貼り紙をしました。
5月まではまだ日もありますが、人手不足のおり早すぎる事はないと思っております。
採用には独立開業希望者やシニア層など幅広く募っておりますが、それぞれについての私の考えはこのブログにおいて詳しく述べていきます。興味もたれた方の参考にされたらよいかと。

浅草博徒一代 佐賀純一作

51ZGFHX0X7L._SX334_BO1,204,203,200_

ボブデュランがこの作品から盗用したが報じられ広く世に知られるようになったようです。ノーベル賞の授賞を期にボブデュラン聴いたり調べたりしていて興味をもちました。
戦前の浅草界隈を縄張りにしていた博徒の一代記です。当人からの聞き書きした作品です。
当時の博徒の生態が詳しく描かれています。かれらは現代の暴力団の前身ではありますがその形態はいささか異なっているようです。博徒はバクチを生業しており、賭場を開きその寺銭が主な収入源であったようです。その行為自体が法に触れてはいますがそこまで強く取り締まられてはおらず、確固とした収入源になっていたようで、戦後の暴力団が行うにいたる反社会的で暴力的な様々な収入源(しのぎ)とは別物の感があります。また暴力団の別の前身である香具師(テキヤ)とは何の利害関係もなく没交渉であったのも意外でした。
ボブデュランの盗作問題に作者は全く意に介せずであり、その姿勢は清い感じであります。またボブデュランの創作の姿勢が問われてもいますが、あらゆる創作とはこんなもだと思います。文化とはジャンルを問わず影響しあってこそ生まれてくるのでしょう。

忘年会

DSC_0917

元旦からの営業が忙しく、恒例の忘年会の報告が遅れました。
今回は叙々苑目黒店にて行いました。
数年前からすれば随分とこじんまりとした忘年会ですが、これはこれで充実しています。
料理も美味しく和やかな宴でした。