最高の議会人グラッドストン 尾鍋輝彦著

グラッドストン
19世紀を代表するイギリスの政治家、3度の組閣を含め60年以上の議員を務める通称「グランド・オールド・マン」、好敵手ディズレリーとヴィクトリア女王と並び立憲君主政治の主人公の一角であります。
先日ヴィクトリア女王の評伝を読んだ折にそのことごとくに対立する議会人として存在を知り興味をもちました。そこでこの人物の評伝はないかと探しましたが以外にありません。やっと見つけた本書は1971年に書かれ1984年に出版されさらに2018年に復刻、著者は尾鍋 輝彦氏、1908年生まれの西洋史学の泰斗、そんなところで言い回しに時代を感じますが読みやすく書かれています。
グラッドストンのベースにはイギリス国教会への深い信仰心があります。その非常に保守的な考えを出発点にしながら議会人後半には次々に革新的な政策に挑んでいきます。それは選挙制度改革により普通選挙をめざし、またアイルランドの自治を提案したり、さらに女王の強権的な対外政策やディズレリーの強い帝国主義的政策に批判的であったり。現代につながる政治姿勢を貫いていきます。
当時のイギリス議会には保守と自由の2大政党対峙の構図がありますが、この著作によりその実態を克明に追えば数々の政策ごとに各党の内部での意見の相違があり、その都度党を割る者もありそんな単純な構図でもなかったようです。さらにアイルランドは未だ分離しておらずイギリス議会内にその党派を組み、自らにかかわる法案には特にその存在感を示しておりました。
ともあれこの19世紀においてどこよりも進んだ政治システムを機能させていたことは驚異といえます。しかも世界中にその支配権を広げ、最も影響力のある国が議会制で営まれていとはまさに栄光のイギリス近代史といえます。
そんな時代を議会人から通して考えるのは意義深いといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>