萬和楼@横浜中華街

DSC_0387
台湾について何冊か読んでいるうち、当然ここは食欲にも繋がってきます。
そこで台湾フードとなりますが本場の牛肉麺(ニュールー麺)が食べられるこちらにやってまいりました。
今回で2度目めになります。店に入り迷わず牛肉麺を注文すれば、それを聞いたご主人がいきなり間合いを詰めて解説を始めます。こちらも興味があるのでさらに距離が詰まった会話となっていきます。
話によれば今でこそ台湾名物となっているこのニュールー麺もじつは外省人がもたらしたものだそうです。日本の統治が終わった後、大陸から国民党と共にやってきたそうです。もっとも中華料理全般にわたって高いレベルが味わえるそうで、それは蒋介石やその幕僚達がそのお抱え料理人として大陸から多くの調理人を伴ったおかげだそうです。
今日のニュールー麺は肉にゼラチン質が少なかったのは残念でしたが、相変わらずスープも麺も美味しくいただけました。
前回は麺をしっかりと写さないかったので今日は持ち上げて撮ってみました。この平打ちの感じは、カンスイの少なさもあいまって、ヒモカワうどんに近いかもしれません。台湾から取り寄せているようですのでたぶん乾麺だとおもいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>