マルちゃん正麺

%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93.JPG 
 かつて雑誌からラーメン屋がカップ麺を食べ比べる企画を持ち掛けられました。普段滅多に食べないのでけっこう新鮮な気持ちで挑んでみました。
 ひとつのメーカーから数種類、それをいくつかのメーカーで試食しました。そのなかで明らかに他社より抜きん出ていたのはマルチャンでした。メーカーへの先入観からすると地味な感じがしていたので意外な結果でした。何より優れものと感じたのは麺の旨さでした。インスタントラーメンにおいてスープの味は飲食店に近ずいていると思うのですが、麺の食感は未だ隔たりは大きいと言えます。そのなかでかなり肉薄していると感じさせられました。さらにこのまま技術革新が進めばラーメン屋をも脅かす存在に成りかねると思いました。
 さてそのマルチャンが出しているインスタントラーメンで今評判の品があります。それはマルチャン正麺です。ネーミングから察するに麺に相当の自信がうかがえます。しかも市場の評価も麺に圧倒的な支持を得ています。私が数年前に危惧した麺が早くも現れたかと、これは是が非でもでも食べなくてはと思うにいたりました。
 そんなわけで本日の昼食はマルチャン正麺の塩味です。茹でキャベツをたっぷりのせてヘルシーに、さらに生姜をトッピングで体を温めることにしました。 
 やはり麺が美味しいですね。今までのインスタント麺と明らかに違いがあります。ただ腰の強さだけを追い求めたのではなく、しなやかな弾力を感じます。それは食感が良いだけにとどまらずスープとの絡みにも影響を与えています。
 これはかづ屋の目指す方向性と似ているとおもわれます。私が美味しいと感ずるのはそのせいかもしれません。
 インスタント麺を生麺に近ずけようと努力がなされてきたとおもわれます。しかしその一方でインスタント麺は生麺と明らかに異なることを明確にして、その別物とした美味しさを追及しようと言う流れも見られます。また消費者も端からインスタント麺に生麺と同じ味わいは求めなくなってきているとおもいます。言い換えるならば、インスタント麺はインスタント麺らしく美味しければよしとするといえます。
 そんななかなマルちゃんはあくまでも生麺の味わいを求めているのでしょう。これはなかなか頑固な会社かも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>