下目黒日録10月26日

 中目黒の某ピッツエリア。
「マルゲリータお願いします。」と私が注文をしたところ、すかさず帰ってきた言葉が「デザート大丈夫ですか?」私は何を問われたのか直ぐには理解出来なかったのですが、どうやら「+300円にてデザートとドリンクのセットになるが如何ですか」と言うことらしい。
 なにやら嫌な予感がしてきましたが、前菜と呼ばれる皿を見てさらに不安な気持ちになってきました。皿にははまん中にヒヨコ豆らしき物、その回りを囲むうようにクウシンサイのおひたしのようなもの、さらにその外側にジャガイモ.人参.大根.サツマイモ.プチトマトの茹でた物、それぞれ二個ずつ。炭水化物が過剰な一皿。これにパンまで付いてきて、このあとに本当にマルゲリータが現れるのか不安なラインアップになってきました。ちゃんと登場したとしてもこれを全部平らげるとせっかくのマルゲリータは収まらないのではと考え、勿体無いがパンはパスする事にしました。
 そうこうするうちマルゲリータが運ばれてきました。見た眼食欲をそそられる出来栄えに今までの不安を払拭してくれそうで、さっそくかぶりつきました。しかし食べ進むにつれて徐々に不出来な部分が気になり始めました。まずは焼け具合。生地の底が焦げ過ぎで苦みを感じます。またその割にはチーズの溶け具合が不十分です。さらには生地に弾力がなくかぶりついた断面はおしつぶされて気泡の見えないフラットな面になってしまいます。生地の熟成が中途半端なのでしょう。結局生地の淵の一部は残してしまいました。残念です。
 しかしこのような残念なことに遭遇するたびに我が店を思い浮かべます。冒頭にあったような接客に近いことは時々目にします。指導できることはしているつもりですが、抜けていることもあります。とくに言葉のやり取りは本人達は気ずいていない事が多く、うるさがられても注意していかなくてはいけないと思っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>