月別アーカイブ: 2015年1月

美(メイ)@元住吉

%E5%8F%B0%E6%B9%BE%E6%96%99%E7%90%86%E3%80%80%E7%BE%8E.jpg
台湾料理、盧肉飯(ルーロー飯)やパイクー麺や混ぜソバなどを求めています。ネット上で探してこれはと思えば足を運んでいます。しかし多くの店は一般的な中華料理店と然程変わらぬ品揃えで台湾らしさが薄まっています。
此方の元住吉駅には東急目黒線は不動前駅から一本で来られます。そして駅から3分ほど歩けばこちらの「美(メイ)」に到着します。以外と近場です。店の軒下には中華民国の国旗、青天白日旗が暖簾のように並べて吊るされています。ここは純度の高い台湾料理が食べられそうと期待が高まります。
時間は午後2時を回ってランチタイムは終わりかけています。客は私だけなのでお店の方がメニューの説明をしてくれます。色々と食べたい品はありますが、お腹の容量を考えて汁ビーフンとルーロー飯のランチセットに決めました。
意外であったのはルーロー飯のボリュームです。なんと大きな角煮と煮玉子が乗っかっています。同じ品であっても店により様々なのでしょう。
量が心配でしたがいただけば上品な旨味で食が進みます。汁ビーフンと交互に口に運べばさらに食べやすく、瞬く間に完食です。
食後にメニューを見れば、内臓系の煮物とか、混ぜソバとか、臭豆腐とか気を引く料理が並んでいます。
これは誰かを誘って再訪せねばと直ちに決定をしましたが、何方か付き合ってくれませんかね。

謎の独立国家ソマリランド

%E3%82%BD%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89.jpg
「ソマリランド」ソマリアではないのか。
ソマリアで思い浮かべるのは、かつては映画「ブラックホークダウン」で描かれた首都モガデッシオの市街戦。最近では紅海を跋扈する海賊の恐怖。それらが代表するような無秩序で暴力支配する一帯です。
そんな場所にこのところ10年の間の平和を維持している地域があるそうです。しかも民主的な選挙が行われ、政権交代が平和理に行われています。しかし国際的には国として認知されていないません。いきなり謎が噴出しそれを確認せざるえない衝動にかられて読むにいたりました。
著者は早稲田の探検部出身のフリージャーナリストで長年アジアやアフリカのレポートしています。著者も「ソマリランド」の謎の検証をするべくその地を訪れ、本書はその探訪記です。
ソマリアの北部3割程、旧イギリスの統治下にあった所がソマリランドと称されるようです。元々ソマリ人の居住地域の多くの場所はイタリアに統治されていたので、独立国家として成立する際にまとめてソマリアとなったそうです。旧イギリス領は同じソマリ民族であるのでソマリアに属してはいましたが、今は独自に政府機能があり「ソマリランド」と称しています。納得です。
さてそんなソマリアも南部は豊かではありますが未だ収拾の取れない状態であります。しかしその反面北部は決して豊かな地域ではりませんが治安は安定しています。それをなし得たのは氏族の長老会議による調停力であったようです。
アフリカを考える折りに国民国家として捉えるよりも部族社会を念頭に述べられております。しかし厳密には部族というよりも氏族として捉えればその理解が早いようです。それは血族を元に系譜が作られ、本家筋を柱に分家が広がりつつもまとまりを構成しています。その氏族社会の実相はなかなか外国人には捉えがい処ですが著者の日本の武士の系譜を例えでかなり伝わり易くなっています。さらに全体を通しての軽妙な語り口と比喩は長丁場を読み通す力となっています。例えば、南部ソマリアの無秩序を「リアル北斗の拳状態」などい言えて妙でしょう。

神宗@鎌倉

%E7%A5%9E%E5%AE%97.jpg
久々の鎌倉。
駅前のレンタルサイクル屋で自転車を借りて街を巡りました。幸いにもは寒さが小康を得た日となり快適でした。海辺を走り、長谷から雪ノ下の住宅地を宛どなく。
昼過ぎになりネットで検索し、現在地より近場の美味しい店をさがしました。
丁度頃合いよく辿り着けたのが「神宗」。昆布や鰹節を手掛ける「だし工房 宗達」が運営している和食のお店です。
いただいたのはランチタイムの定食です。淡く味つけされた品々は天然の真昆布を使っているそうです。素材の味を妨げずいてさらに味わいを深めている。まさにお出汁の持てる力なのでしょう。

さぶちゃん@神田神保町

%20%282%29.jpg
先日この界隈を歩いたので懐かしくなり今日は此方目当てで神田神保町にまいりました。
15年ぶりになりますが、いまだ営業をされていることに驚きです。おそらく開業されて50年程になると思います。ご主人もとうに70を越えられているでしょう。
注文したのは当然ごとく半チャンラーメン。ご主人の年齢を考えれば往時の味わいを求めるのは無理な事です。懐かしさだけを噛み締めていただきました。
たぶんご主人がご隠居になられるのは遠からずでしょう。長い間ありがとうございました。

大@五反田

%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%83%B3%E5%A4%A7%EF%BC%92%20%282%29.jpg
冷たい雨の降っています。こんな日は味噌ラーメンで暖まりたい処です。
二朗系の店ですが期間限定で味噌味が提供されています。今日はさらにニンニクを追加してもらいました。暖まる一杯です。
この系列にくれば決まって麺を柔らか目にしてもらいます。べつに腰の無い麺が好きなわけではありませんが、太めで加水が低めのボソッとしたのが苦手な処です。本日も注文の折りにお願いしましたが、出来上がりは好みまでには至りませんでした。スープは飲み干しましたが麺は少し残してしまいました。

丸香2@神田神保町

%E4%B8%B8%E9%A6%99%EF%BC%92.jpg
二度目の来店です。
小雨が時折雪に変わる空模様。九段下から神保町まで歩き身体が冷えきりました、うどんを食べるコンディションとすれば上々です。
今日は妻と二人なのでうどんは二つ。ならば1つはカレーうどんをたのんでみました。 神田神保町といえば美味しいカレー屋さんが集まっているからと安直ですが期待しました。カレーはさほど特筆すべきでも無く逆ににもうすこし熱々であればと思う出来であります。そうであればこそ此方では汁物のうどんです。麺もさることながらお汁の旨さは際立っています。最初の一口をすすれば煮干しの風味が広がります。
本日はさらにゲソ天と野菜天をいただきましが、素材が良く揚げたてでとても美味しくいただきました。

下目黒日録 1月19日

小室君の店にてトーキョウウォーカーの取材です。私との対談が目玉となります。さしずめ師弟対談といった趣なのでしょう。
編集者の方がテーマを投げ掛け私達が答えていく流れで、味作り.店作り.店長時代の話などを語りました。そして最後に小室君へ贈る言葉と問われたので「俺を超えろ!」と締めておきました。
今日は取材でもありましたが開業以来初めてラーメンを味わいました。先日ラーメンデータバンクの大崎さんが麺の違いを指摘していましたがそれも確認出来ました。麺に加えたおおきな変更は卵をを全卵で加えて、麺の切り出しを少し太くしたそうです。食べた触感はプルンとして舌触りが良く、噛み締めると弾力が有り、腰も長く保ちます。はやし丸と少し似ているので林君の感想を聞きたい処です。

1106480882.jpg
目黒のムック本です。今までにこの手で目黒専門ありそうですが始めてです。
内容は飲食が多くを占めていますが、なかでもラーメンの扱いは最も多いようです。
目黒在住の私の知らない事が多く載っています。興味をそそられる店もあります。使える一冊かもしれません。

釜竹@根津

%E9%87%9C%E7%AB%B9.jpg
年末以来始めてランチタイムを抜けられました。天気も良く気温も上がってきたのでブラブラと出歩きました。上野は博物館辺りから根津にかけて宛どなく行くうちに、趣のあるうどん屋さんがありました。古い倉を店の一部として使っています。ネットで調べてみればミシェランでもとりあげられているそうです。いただいてみることにしました。
メニューには種物はなく釜揚げうどんかザルのみ。つまみ類は充実しており、酒も多くを取り揃えているようです。
注文したのは大盛り釜揚げうどん、見た目、生麺で400g長はあると思われます。青ネギと七味、オロシショガと揚げ玉で味わうようです。
麺には適度のウエーブがあり汁の絡みを良くしています。さらに 揚げ玉を投入すれば浸け汁のもちあがり良く美味しくなります。
全てにおいて上品に仕上がっています。それ故か大盛り麺の最後の方にはは少し飽きがきます。使い方とすれば軽く飲み、つまみを堪能した後に締めで軽く流し込むが正解かもしれません。

下目黒日録 1月15日

ランチタイムは遅い時間にラーメンデータバンクの大崎裕史さんご来店されました。
大崎さんは、昨日小室君の店に行ったのでその味の記憶が確かな内にかづ屋と比べたかったそうです。その比較を聞いてみれば麺が随分と異なると言われました。私も確実な処は判らないのですが熟成のさせ方が異なるかもしれません。次回会ったおりに聞こうと思いまが、もしくは雑誌で企画されている対談のネタでも良いでしょう。
さらに今日の雑談の中で、いままでで食べたラーメンはかづ屋が一番多いと述べられました。大崎さんのキャッチフレーズは「日本で一番ラーメンを食べた男」ですが、その中で一番の数とは実に光栄な話です。