月別アーカイブ: 2013年7月

【特集・憲法】9条 世界に伝えよう – 鈴木敏夫
『・・・・・・・・僕、日本が憲法九条を持っているって、海外の人はほとんど知らないと思う。だって自衛隊があるしね。そっちを知っているわけでしょう。だから日本が世界にアピールするとしたら、九条ですよね。これだけの平和は、九条がなければあり得なかったわけですから。僕はあってよかったって立場だし、たぶん宮さんもそうなんじゃないかと思います・・・・・・・・・・・・・』
 困った事に時々こんな意見を述べる方がいます。
 日本の現状が非武装であれば、得意になって憲法9条を吹聴してもよかろうと思います。しかし誰がみても重武装の軍隊を保持しながら、非武装を謳った憲法を持ってますとは、恥ずかしくて言えるものではありません。
 諸外国の人々がこの日本国憲法9条と自衛隊の現状を知るとするならば、日本は法治国家の体をなしてはないと理解するでしょう。近代国家としての信用などなくなってしまうかもしれません。言葉を替えるならば、武器はもってはいませんとしながら実はいつでも使える武器がある。ある意味、卑劣漢ととられてもおかしくはありません。
 本気で憲法9条を掲げた国としたいならば、非武装を貫き通す覚悟が必要かと考えます。またその覚悟とは、そこから被り兼ねない国民の不利益や国際社会への悪影響を全て承知した上での事です。
 ここに取り上げた意見を述べているのは、ジブリのプロデューサーだそうです。
 ジブリの新作は戦争の時代を扱った作品のようです。まだ封切られて間もないのに大ヒットの兆しがあります。となればこれを端緒に平和論(戦争論ではない辺りがミソです)なぞがことさら論じられたりするでしょう。
 本文の中の「宮さん」とあるのは監督を指し手いるのでしょうか。物議を醸す以前に予防線を張って宮崎監督を護ろうする心ずもりなのでしょう。
 しかし平和主義者であることをことさらに述べるのも滑稽な感もあります。
 肝心な事は作品が最も雄弁であるべきで、作中に盛られた事が全てであることです。
 この作品の予告編は興味深く観ております。たぶん娘と一緒に観に行くとおもます。幾らか期待はしています。
 

朝鮮日報日本語版
 『欧州研修時代の2004年夏、家族と共にノルウェーで自動車旅行をした。田舎道を走っていたとき、果樹園で実ったチェリーを売る無人の販売台が、道ばたにずらりと姿を現した。「1袋2ユーロ(現在のレートで約260円、以下同じ)」という値段表示と硬貨を入れる箱があるだけで、人はいなかった。1袋買って箱の中をちらりと見てみると、硬貨や紙幣がぎっしり入っていた。・・・・・・・・・・』
 『韓国でも、田舎道を通れば、農家の人がマクワウリ、スイカなどを並べて売っている光景をしばしば見かけるが、無人販売というスタイルは想像し難い。「韓国も無人販売で運営できれば、その時間に別の仕事ができ、生産性をもっと高められるのに…・・・・・・・・・」』

『韓国は資本主義社会だが、資本になるのはカネだけではない。社会・文化資本というものもある。社会の構成員間の信頼は社会資本(ソーシャルキャピタル)に属し、経済資本とは異なりいくら使っても枯渇しない(フランスの哲学者ピエール・ブルデューの主張)。米国の政治思想家フランシス・フクヤマは「信頼」の価値を特に重視し「一国の競争力は、その社会が固有のものとして有している信頼の水準によって決まる」と語った。・・・・・・・・・』
 ネットでこんなコラムが目に付きました。
 日本では無人の農作物の販売所はけっこうお馴染みのスタイルです。
 模範とするのであれば日本も該当するはずですが、知らないのか、また知っていてもあえて手本にしたくはないのか。
 見た目がさほど変わらない人達なので、こんな販売スタイルが韓国にあってもおかしくはないと思い込みがありました。しかしこんな記事を読めばあらためて日本との違いを考えさせられます。
 この記事には、無人販売による仕事効率化の利点を謳っています。さらに信頼関係の確立は資本主義社会のインフラとして大切とも述べています。しかし人と人とが信頼し合う社会が成立する過程においてはその辺りを目指して出来てきたわけでもないでしょう。このコラムの著者にはその本質は見えてはいないのかもしれません。
  
 

下目黒日録 7月27日

 細かな部分ですが移転以来気になっていた改装を行いました。
 まず製麺室の換気扇。この部屋は小麦粉が舞うため、クーラーが直ぐに故障します。 そこで間仕切り壁に換気扇取り付け客室のクーラーの冷気を取り込む事にしました。効果は狙い以上です。
 さらにカウンターサイドの間仕切り壁に枠を取り付け、見通しを良くしました。これでご来店のお客様の確認や、路上駐車の監視(厳密に言えば監視員の監視)が容易になりました
 あと数ヶ所、改修の予定です。

アントワーヌカレーム@下目黒

%E3%82%AB%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%A0.JPG
 アントワーヌ・カレーム
 近所のフランス洋菓子屋さんです。
 今日はたんたん亭の奥様に遅れ気味ですがお中元です。
 こんな折々に利用させていただいているのがこちらの洋菓子です。
 今回はこんな暑い季節なのでゼリーの詰め合わせとオレンジピール選びました。
 季節が違えば、焼き菓子やチョコレート菓子が喜ばれます。
 そんな買い物のさなかショーケースの中の桃のショートケーキに目が囚われました。この季節だけの限定品のようです。すごく惹かれる処ですが、期間が限られているので食べるタイミングが廻ってくるか。微妙です。
 

下目黒日録 7月25日

%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%B9.JPG
 お連れ様同士が余裕をもって座っていただく為に、テーブルを広くしたり椅子を買い足したりと考えております。そこで、合羽橋へと行く事になりました。
 こちら方面に出向いた時にランチに立ち寄るのが八重洲の南インド料理の店ダバインディアです。本日は南インド様式の定食ミールスを簡略化したランチです。本来であれば、これにヨーグルトや複数のチャツネや炒めもが加わります。それらをプレートの中央で混ぜ合わせて頂きます。混ぜる組み合わせ次第で様々な味わいを楽しめます。
 インド料理にはナンが付き物ですが、こちらはプーりなる揚げパンが付きます。これは揚げたてが命なので真っ先に食べます。カレーに浸して食べてるのでしょうが、此のままでもいける味です。パラパラのインディカ米はカレーを含むと食感が良くなります。辛くても幾らでも食べられそうです。

下目黒日録 3月24日

%E3%81%A1%E3%82%85%E3%81%86%E3%81%97%E3%82%83%E3%81%98%E3%82%87%E3%81%86.JPG
店舗の裏に駐車場を一台分借りています。さらに隣のスペースに空きが出来たのでさらに借りようと考えています。
 望む処ではもっと駐車場を利用していただければと考えてます。問題点とすれば一方通行なので逆行なので車を入れにくい処かもしれません。店の前に路駐される方がけっこういらっしゃいます。場所的にさして問題はないと思いますが、私が積極的に推奨するわけにもいけきません。
 もっとも駐車場のご存じないお客様もいらっしゃるようで、もっとアピールが必要です。案内表示を工夫しようと考えています

下目黒日録 7月23日

 すざましいゲリラ豪雨だったようです。ようですとはその場に出くわしていないので従業員からの報告です。目黒店も五反田店も浸水直前だったそうです。
 山の手通りは本来目黒川の河川敷だったようです。特に羅漢寺の信号辺りは今は地下に潜った羅漢寺川の合流点に当たり浸水しやすくなっています。今日は目黒通りと交わるアンダーパスが冠水し通行止めになりました。
 五反田は何年かに一度に幻の湖が出現する場所です。今日はそこまでにならないまでも、自動車が通過するたびに起こる波に店先が洗われる状態だったようです。
 店に被害はないものの、留守だった事が残念です。居ても大した役にはたちませんが、映像の一つでもこのブログにアップできたかもしれません。

下目黒日録 7月22日

 週刊ポストの取材がありました。
 冷やし中華の特集のようです。8月の中旬の掲載されるようです。
 このような全国誌にだしていただけるのは、私を含めて従業員の出身地でも発売されるのが嬉しいです。
 記者の方に色々な話をしましたが、私の考える不必要な具を乗せず、麺とタレを突き詰めた冷やし中華が伝わったと思います。
 掲載される店舗は30あまりとなるそうでが、外見がいたって簡素である辺りが異彩を放つかもしれません。
 楽しみです。 

下目黒日録 7月21日

 選挙開票がはじまり僅かな時間で態勢が判明いたしました。自民党が圧勝し衆参のねじれは解消しました。これにより今まで滞り気味であった政策実行がいくらか解消されるかと期待されます。
 また憲法改正も現実味を増してきました。この議論も革新勢力と呼ばれる守旧派が現実離れした主張ばかりが聞こえていた時もあったようです。
 かつて社会党の党首土井貴子は、憲法99条に国会議員たるものは憲法を護ってゆかねばならぬと記されてあると述べていました。一応氏は憲法学者との触れ込みではありその言葉には重みがあるように思えました。それは憲法には護憲は国会議員の義務と記されており、憲法改正などを行おうとすればそれは憲法違反であるとの論旨でしょう。
 しかし99条にそんなことが書かれてあるのでしょうか。読んでみれば「この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。」とあります。これを改正をしてはならぬと読むでしょうか。まともに読むならば、尊び重んじてはないがしろにしてはならない、さらに大切にしなくてはならないとあるのでしょう。
 もっとも96条では憲法改正の手続きまで整えられています。それ
は公布した後に不都合や現実に則さなければ変えて行くことは当然としてこの条文はあるのでしょう。
 憲法改正論議で最も多く費やされているのが9条です。憲法改正反対派はこの9条を堅持していかねば日本の平和は守れない主旨を述べています。戦後68年の間日本が交戦国にならなかったのは憲法9条が故であるとしています。現実はこの平和状態をもたらしているのは、日米安保条約と日本の自衛隊の存に在他なら無いでしょう。この両者が無い事を想定してみるならば、おそらく中国は沖縄への領土的野心を行動に移すでしょう。さらには韓国は対馬の領有権主張を公にするでしょう。もっと現実的には北朝鮮による対日工作はもっと大胆になっていたでしょう。さらにもっと以前には旧ソビエト連邦により北海道共和国が作られ、日本は分断国家になっていたと考えられます。
 日本国憲法の前文には憲法の柱の一つの平和主義をうたっている箇所があります。「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。」信頼できる国ばかりであれば問題はないのでしょうが現実はいささか異なっているようです。この前提となるのはある程度まで成熟した民主国家であるべきです。しかし現実には専制や隷従、圧迫と偏狭が支配する国そこかしこに存在し、この平和主義の前提を損なっています。
 9条をまともに読めば、現自衛隊は明らかに憲法違反です。今は便宜的に無理な解釈を考えて現実の社会に併せているといえます。憲法を改正しないのであれば本気で自衛隊を解散させなくてはならないでしょう。そこまで腹を括った議論なのか問うてみたい処です。
 現憲法を使い現実に充分対処できると主張する声もあります。現状はそんな処ともいえます。しかしこの考えはかなり危険であると思います。なぜならどんな憲法の条文も解釈しだいではどんな無理な政策も行えるとなれば、それは法治国家としての体をなしていないといえます。
 今回の選挙だけで憲法改正までは進まないようです。しかし3年後の参議院選挙は確実にその射程に入ってきます。それまでにこの議論は大いに戦わされるべきとおもわれます。そして真っ当な正論が国民の隅々までに伝われば良いかと考えております。

下目黒日録 7月20日

%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%82%AC%E3%83%A9%E3%82%B9.JPG
 沖縄に帰省した従業員がお土産にスクガラスを持ってきてくれました。親戚の方が作られた自家製です。情報誌などで見た事はありますが初めての遭遇です。
 スクガラスとはアイゴの稚魚の塩辛です。島豆腐と合わせていただくと美味しいとあります。
 買い置きに絹ごし豆腐があったのでそれらしく設えました。
  舌触りの良い豆腐に、旨味の強い塩加減がよく調和します。小骨を噛み砕く歯触りも不快ではなく味わいの一つになっています。
 酒は飲まない私ですがこんなお摘みの類も好きです。