カテゴリー別アーカイブ: 音楽

苅田
チェリストの苅田雅治さんとその御子息が参加されている、チェロトリオのコンサートにいってまいりました。
私とすればシェスタコービッチ弦楽四重奏全曲演奏の最終回以来となります。
本日の演目はバッヘルベルのシャコンヌ、バッハのシャコンヌ、ハイドンのチェロ協奏曲etcとなっていました。
チェロだけの編成でありながら多彩な音色が響いてきます。僅か4本のチェロから重層感さえ伝わって来ます。
中でも圧巻は最後に演奏されたチェロ協奏曲です。苅田雅治さんがソロを担当され、チェロトリオの面々がオーケストラのパートを演奏されます。 このハイドンの曲は初めてですが、若い頃の作曲でバロックから古典派様式への過渡的な作品と解説されていました。軽やかで明るいいロココ調が伝わってきます。
注目したところは苅田雅治さんの貫禄ある演奏です。 曲が速い調子になるとかなり複雑で素早い指使い危なげなくこなされます。ステージに威厳さえ漂っています。
印象的であったのが、息子さんが奏でたメロディにお父様のソロが音を重ねるあたり、親子と知って聴くのもありますが暖かなハーモニーを感じます。
そんな処で実に心暖まる演奏会であったようです。

佐村河内守 2

 ネット上にてかの佐村河内守を含め現代の音楽状況をなるほどと理解させてくれる文章を見つけました。
 確かに映画音楽やミュージカルには惹かれる音楽が作られています。ニーノ・ロータ、エンリオ・モリコーネ、ジョン・ウイリアム日本では林光、最近では久石譲など良いかと思っています。
考えてみれば、あれらの音楽は現代に生まれた真の奇跡と言えるかもしれない。クラシック業界にある問題のひとつとして、能力のある作曲家は(多くの)演奏家が演奏したくなるような曲、聴衆が聴きたいような曲を書こうとしない、というのがある。そりゃそうなのだ。クラシックの作曲家というのは、少なくともオーケストラ楽器を用いた作曲については圧倒的な知識と技量を誇る。あらゆる技法を分析し自家薬籠中の物とできるような人が、過去の作品の焼き直し・パッチワークを作ることに甘んじて満足できるわけがない。感動的に盛り上げるための和声進行も知っている、恐怖を覚えさせるためのリズムも知っている、きらめきを感じさせるための管弦楽法も知っている。つまらない、つまらない。使い古された書法も聞き飽きた調性の世界もつまらない。面白いものを、自分だけの新しい音楽を書きたい。そういうわけだから、自分の作品として、あえて過去の語法に則ったスタイルの音楽を書く人間は、現代にはまずいない(そこからして胡散臭かったわけだ)。往年のクラシック作品みたいに聴いていて素直に心の動くような書法の音楽は、たとえば映画やアニメ、ゲームのBGMとして「発注」されない限り、なかなか生まれない。
新垣氏のような作曲技術に長けた人が自発的にあのようなタイプの作品を書くことは不可能だった。なぜロマン派?ペンデレツキ風、みたいな書法の制約を自ら課すのか、という問いに答えようがないからだ。自分はもっと面白いことができるはずなのに。しかし、発注書があれば話は別だ。なぜそんな制約を課すのかって? そういう発注だからだ! わかりやすい。書法のことを置いておいても、現代社会において80分の大交響曲が生まれるというのはまずありえない。交響曲に必要とされる精緻なスコアを書くための知性と、交響曲を書こうという誇大妄想的な動機がひとりの人間に同居するというのは相当に考え難い状態だからだ。
より正しい物語を得た音楽はより幸せである ?佐村河内守(新垣隆)騒動について?

佐村河内守

 最初から胡散臭さを感じました。
 好きなジャンルですが直ぐに飛び付かなくてよかったと思います。
 広島の被爆二世や障害者を喧伝される辺りに引いてしまいます。芸術は純粋にそれ自体でもって評価されるべきと考えます。標題音楽として聴けるかもしれませんが、予め刷り込まれる要素が強いと感じていました。
 考えてみればウチで働くTさんも広島の被爆二世だし、障害者一級を持っているし、さらには心臓に人工弁が付いています。そうだからといって自分の存在にそれでもって箔をつけてもいません。
 しかし現代の作曲者の作品が演奏される機会は少ない現状を考えれば。 こんな仕掛けでもないかぎり一連の作品が世にでる事もなかったかもしれません。
 またこの人物詐欺師といえばそれまでかもしれないが、役割的には音楽プロデューサーかも知れません。それを考えれば稀有な才能の持ち主かもしれません。 今後ともこのコンビで作品を発表続ければ面白いかも知れません。
 一連の作品群は評価が高いので是非とも聴いてみようとおもいます。その際は絶対音楽聴く姿勢で臨むつもりです。
 しかし困ったもので世の見識を持つ方々もけっこう騙されやすい事です。そもそもベートウベンなど空前絶後の存在であるので、その再来など容易に今の日本に現れるはずもないと考えるべきでしょう。
 
 
 
 

シェスタコービッチ弦楽四重奏第15番

%E3%82%AF%E3%82%A2%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%93%E3%82%A2%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%AA.jpg 
 たんたん亭時代からのお客様でチェロ奏者の苅田雅治さんご一家がいらっしゃいます。そのご主人がここ7年来取り組んでこられたのがシェスタコービッチの弦楽四重奏を全曲演奏される催しです。全部で15番まであり今回で最終回を迎えます。
 一昨年あたりから気にはなっていましたが、なにぶん現代音楽は馴染みがなく尻込みをしておりました。
 今回の演目はイタリアの作曲家の イヴァン.フェデーレの弦楽四重奏曲第2番 と、武満徹のア.ウェイ.ア.ローン。そして シェスタコービッチ弦楽四重奏曲第15番です。今回が定期演奏会の最後になりこれを逃す事は出来ないと意を結して行ってまいりました。
 会場は銀座の王子ホール。王子製紙本社ビルにある会場です。この辺りに足をを向けるのは久し振りですが、歌舞伎座が新しくなったり三越デパートの新館が出来たり素敵な界隈となっていました。
 このプロジェクトの通じてのプログラムの構成は、まず海外の作曲家から一曲、次に日本人の作曲家から最後にシェスタコービッチと一貫しています。奏者はこの演奏会の為に結成されたクァトロ.ピアチェーリと名ずけられた四重奏団です。第一ヴァイオリン大谷康子.第二ヴァイオリン齋藤真知亜.ヴィオラ百武由紀.チェロ苅田雅治の各氏の構成です。
  シェスタコービッチの弦楽四重奏曲15番は6楽章に別れてはいますが継ぎ目なく演奏されます。しかも全ての楽章がアダージョで奏でられます。この日のために予習でもと3番と5番辺りを聴いてはいますが、私にとってかなりの難物と言えます。曲に向かう集中力が5分位しか持ちません。これを咀嚼して味わうには修養が足らないようです。
 しかしこんな機会を頂いたのですこしは現代音楽も聴いてみようと思っております。
 

賄い 2

%E3%81%AA%E3%82%8F%E3%81%A8%E3%81%B3%20067.jpg
%E3%81%AA%E3%82%8F%E3%81%A8%E3%81%B3%20068.jpg
坦々麺 汁なし 最近の賄いです。混ぜ合わせると 見た目は悪いがパンチがあり癖になる味です。
このような混ぜそば系は ポストラーメンとして何種類かレシピを考えています。実際に六本木かづ屋において「醤ソバ」と銘うちジャージャー麺をメニューに加えていました。ここ目黒でもやりたい混ぜソバがありますが オペレーションの問題を考えると ふみきることができません。別の場所にて混ぜソバ専門店をつくっても 面白いかなと思っています。