月別アーカイブ: 2020年6月

尾道ラーメンと観光尾道城

尾道ラーメンが東京でどうもパッとしない理由

https://toyokeizai.net/articles/-/357748
こんな記事をみつけました。
正直なところ私はこの”尾道ラーメン”がどんなものかよくわかりません。
私にとって尾道のラーメンは昨年閉店した朱華園であります。そこのラーメン店では常々「うちは”尾道ラーメン”とはちがう」おっしゃっていました。
”尾道ラーメン”の始まりは福山のお土産業者がお持ち帰り用として売り出した商品です。そこから尾道市内の製麺業者等がこのブランドを盛り上げっていったようです。
そんなわけでご当地ラーメンとすれすこし異質な成り立ちです。さらに他の有名ご当地ラーメンと比べて街の規模が小さく、当然に東京在住の尾道出身者も少なく基礎となる客数も限られています。そんなところから「どうもパッとしない」となるのでしょうが、それでも健闘していると思うのですが。
”尾道ラーメン”とその成り立ちは観光尾道城とどこか通ずるところありますが、それが解体されるのでニュースになっています。
この観光尾道城は歴史的に存在しない城を観光の為に昭和の世に築城されましたものです。尾道の人はこんな町おこしが上手なんです。
 

尾道のランドマークとなっている元博物館「尾道城」

https://tabetainjya.com/archives/cat_8/post_6245/

勝本@水道橋

DSC_0012
ラーメン屋の成り立ちの当初、その多くは町中華からの専門化と考えられます。その時期的には昭和の後半から平成の頭くらいだとおもいます。
その過程のスープの変遷は今にいたるまでその濃厚化に向かっています。
町中華において炒め物や具入りの汁麺の兼ね合いからいたって清湯らしいスープが使われていました。鳥ガラと豚ガラを主たる材料とし濁りのない、今あるラーメン屋とくらべて随分とあっさりとしたスープでありました。
そこからラーメン屋が独自の業態に代わっていくのにスープも工夫が加えられてきました。例えば北海道であれば味噌や塩、九州においては豚骨を強火で煮出したり、そのほか東京のラーメンであれば煮干し等の海産乾物系を加えたり。ラーメンが目指しとところは、スープと麺だけで満足が得られるような一品に、そこで多様な味わいが加わり濃厚になってきています。
その方向性はラーメン屋が外食産業のなかに確固とした地位を築いた今日においても進行形の状態であります。
スープを濃くするには当然原価の上昇を伴うわけで、標準的には30%ぐらいとされていますが、最近ではそれを大きく上回る原価をかけて提供し高い評価をうける店もあります。さてそれを行うには経営的にはどのような条件で可能であるか考えてみました。原価をかけただけ他の経費を削るもしくは元々必要ない。例えば店舗は自前で家賃がいらない、とか従業員の給料が極端に低いとか、もしくはラーメン作りを教えるかわりに無給であるとか。
また通常通りに仕入れをしていれば原価率が高くなりますが、規模を大きく経営し仕入れ多くして交渉でもって仕入れ価格を下げるとか。
そんな事をかんがえつつ、美味しくラーメンをいただきました。

シュガーローフの戦い 作しんざとけんしん

シュガーローフ
6月23日はかつての沖縄戦の組織的抵抗終了の日にあたり「沖縄慰霊の日」であります。
太平洋戦争の沖縄戦はその悲惨さから多くの書籍や映像などでとりあげられていますが、その実相はなかなか伝わり難いといえます。
文章化されただけでは想像力や専門知識に限界があります。また映像であれば実写が残されているものに限りがあります。また映画化したものには現実感が乏しくさらにリアルを追求したならば残酷な描写にも限界があります。そんなところからその実相を伝えるに劇画は有効な表現手段であったようです。
作品の題名であるシュガーローフとはアメリカ軍が名付けた沖縄戦最大の激戦地である丘の名前です。この作品では日本の側からだけでなくアメリカ側からも戦闘の模様が描かれています。沖縄戦の悲惨さは日本同様にアメリカ側もそうであります。上陸軍の司令官であるバックナー中将を含めて2万人に及ぶ死者をだしています。日本軍の牛島中将も割腹自殺を遂げているので対峙した両軍の司令官がともに死んでいるのは戦史上稀な戦いかもしれません。
私は常々、慰霊であれば日本の軍民とあわせて連合国側の死者を弔うべきと考えます。現代に生きる者として過去を継承する者であれば国籍は問わず歴史の事実を受け止めるべきです。そのあたりで考えてみればこの劇画の価値は計り知れぬところです。出版は沖縄の地方紙でそのせいか書店で見かけることもなく、Amazonで見つけて購入しました。いまのところ文庫化や電子書籍化もされていません。3巻そろえれば少し高価ですが多くの人に読まれたらと考えます。

松波ラーメン店@松陰神社

DSC_0005
コロナ禍をどう乗り切るか、かづ屋の元従業員の店を訪ねています。
店主はかづ屋に勤めるまでに某有名店にてそこそこのポジションで働いていた人物で、それ故に引き出しも多くもっています。今日、久々に訪れて食べてみれば開店当初からの創意工夫が続いている事が伝わってくる味わいでした。
いただいたのは妻を同伴したので”支那そば”と”つけソバ”二種類。”支那そば”は煮干しをしっかり利かせて個性的な端麗スープになっていました。また”つけソバ”のつけ汁はドロッとした濃厚系、これに細麺を配したのも独特であります。
訪れた時間は13時半を回っていましたが、常連様らしきがひっきりなしに来店されています。窓の外には世田谷線のかわいい電車が走り、のどかな雰囲気を楽しみながらいただきました。
〒154-0023 東京都世田谷区若林3丁目19−7

英の奴隷商人の像

2コルストンhttps://www.nikkei.com/article/DGXMZO60130710Z00C20A6000000/
アメリカの警察官による黒人殺人に端を発する抗議活動は世界中に広がっています。興味深い事にイギリスの港町ブリンストルでその町出身の実業家で慈善事業家のコルストンの銅像に対する破壊行為が報じられていました。
私は今年は世界史を読むとしておりちょうど数日前「大英帝国という経験」井野瀬久美恵著を読み終えこのコルストンの事績も知ったところでした。コルストルは17世紀から18世紀にかけ海外貿易で財をなし故郷のブリストルを中心に多くの慈善事業を成し遂げた人物です。しかし近年問題とされるのは奴隷貿易にも深く関わった事。それにより銅像で顕彰されるような評価を変更すべきであるとする運動が起こっております。それが今回の事件の流れをつくったようです。
歴史と向き合う際に自己の帰属意識により被害者意識をもったり、加害者としての贖罪感をもつ事ははたして正しい事なのかはなはだ疑問です。黒人として過去の奴隷貿易に憤りを感じたり、白人として祖先の行った非道を悔いて否定的な行為に向かったり。それは新たな断絶を生む事になりはしないかと考えます。
過去に行われた人権の蹂躙や人の尊厳が傷つけられた行為は、おしなべて人種や国籍に関係なく我々全てが受けてきた災いです。また過去から積み上げてきた文明はこれも人種や国家に関係なく享受すべき事でもあります。
奴隷貿易に憤りを感じてコルストンの銅像を倒した黒人にせよ白人にせよ、現に生きているイギリスは大英帝国としての躍進の結果でもあります。奴隷貿易の非人道性も帝国の繁栄も黒人にせよ白人にせよ同様に継承されるべきものと考えます。
17世紀の後半にイギリスにおいて奴隷貿易を独占的に行っていたのが王立アフリカ会社です。コルストンはそのメンバーとして会社と関わっていたと非難されています。またその株主の中にはジョン・ロックもいたとあります。そんな処から当時の知性的な人の認識もそこまでのものかとも考えられます。
しかし19世紀初頭にはイギリス議会において奴隷貿易を廃止させる法案が通ります。こんな大英帝国の姿勢も我々が継承している事でもあります。

麺屋悠@新大久保

DSC_0109
コロナ禍をいかにしのいでいるか、元かづ屋の従業員を訪ねています。
新大久保界隈、おそらく日本随一のラーメン激戦区、新宿小滝橋通りを一本入った立地にて、健闘目を見張るものがあります。
訪ねた時間は13時半頃、少ない席数ですが常にうまっています。食べながらオーダーが切れれば話したいこともありましたがわずかばかりとなりました。
いただいたのは「辛みそつけそば」。いつもここへ来るのは暑い頃ですが、来れば「辛みそラーメン」食べています。今回ははじめてその”つけそば”をいただきました。”つけそば”の麺は太くてむっちりが通り相場であるようですが、こちらは細くてパッツン系です。それで辛みその味であれば個性が際立ちます。暑い日に熱い辛みそで、食後の清涼感はたまりません。

「お客様、お使いになったティッシュや・・・

「お客様、お使いになったティッシュや紙ナプキンはごみ箱までおねがいします。」
このコロナ禍で始まったかづ屋からのお願いです。
そんなお願いに皆さまは良くご理解いただいており快く協力いただいております。
ところが数日前にお一人のお客様に「面倒な店になったな、あのジジイがやらせているのか?」と帰り際に言われたそうです。私は奥にいたのですがジジイとは私のことなのでしょう。直接言っていただければ念入りにご説明させていただけたのですが、残念です。
以前から気にはなっていましたが、お客様が鼻をかんだりしたティッシュや紙ナプキンを店のスタッフが処理をする事は、その都度念入りに手を洗う事ができない為に衛生上問題があり、なんとかせねばと思っておりました。稀に個別に注意させていただく事はありましたが徹底はされていません。それがこのコロナ禍を期に全てのお客様へのお願いとさせていただきました。このご時世の折故に理解していただけるよい機会と考えています。
反発は予想していましたがいまのところこのお一人です。多くの方は自らが衛生上護られる行為とお分かりになっているのでしょう。
世間全般にこのコロナ禍を期に今までの働き方や生活習慣を改める風潮があります。災いを災いだけに終わらせてはならないですね。