月別アーカイブ: 2016年2月

ラホール@秋葉原

DSC_0449

今や秋葉原はカレーのメッカと呼ばれています。その内の一軒、老舗のカレー屋さんです。
今日の本来の目的地は別でありましたが、そちらが随分とと残念であったので、お口直しにと以前から気になっていたこちらにうかがいました。
その気になっていたのは、パキスタンの北部の都市が店名を用いられている処です。そうであれば現地の方によるラホールの御当地カレーの店なのかと予想していました。しかし実体は日本人経営の洋食屋さんに近いお店でした。
いただいたのは野菜カレーですが、小麦粉を使わずサラサラとしてスパイシーで、イギリス風のカレーライスでもない感じです。メニューには他のカレーとして、洋食屋さん風もあれば、さらにスパイシーなブラックカレーなるものもあります。
パキスタンのラホールには若い頃、バックパッカーとして訪れた事があり、当地では「釈迦苦行像」に対面した思い出があります。

s-ラホール博物館所蔵の釈迦苦行像(断食するシッダールタ)

下目黒日録 2月23日

夜の遅い時間帯、若いお客様達の会話が聞こえてきました。
「あのモニターは何のためにあるのかなあ?」
「たぶん、食い逃げを捕まえるのに、逃げた方向を見る為だよ❗」
これを聞いて悪いとは思いましたが声をだして笑ってしまいました。そして
「これは駐車監視員が来るのを見ているんですよ。」と説明いたしました。
そこで開業以来、”食い逃げ”などあったかなと思い返してみました。
時折あるのは先払いの店と勘違いして、ご馳走さま、と出て行く方です。これはほとんどが声をかければ気がつき支払いをされます。
何度かあったのが持ち合わせが無いのでATMでお金を下ろしてくると言いながら帰って来なかった事です。
そして一度だけの例ですが酒に酔い文句を言いながらお金を払わず出ていき、武藤君が追っかけて捕まえ警察を呼んだ事があります。
考えてみれば27年間商売を続けて数える程しか無いのは喜ばしい事です。

下目黒日録 2月22日

 ネットのニュースでこんな記事をみかけました。

 
 ダウンタウンの松本人志(52)がラーメン店でマナー違反の客を注意したとするツイートに対し、共感の声が多数寄せられている。

 松本は21日にツイッターで「さほど広くもないラーメン屋で大きな声で携帯で話す客に注意」したことを明かし、さらにその客を注意せず放っておいた店員に対しても「ほんとは君の仕事だよと店員に注意」したという。

 また、松本は後輩と一緒だったらしく、「一部始終をただただ黙って見てた後輩に注意」したとのこと。周囲を注意しまくったことに「オレいつかしばかれんのかな?」と逆恨みを心配したが、「負けへんぞ!」と信念を貫く考えを示した。

ここで我々が頭に入れておかなくてはならないのは「君の仕事だよと注意」とある所です。お客様の迷惑行為を他のお客様が注意されるのはトラブルの元になります。
我々が注意してもトラブルになる事はあります。しかしそうならないような言葉使いを身に付けるのも大切です。

松本人志様といえば以前にはよくご来店になっていただいておりました。そしてラジオ番組においても美味しいラーメンと紹介していただきました。
しかし5年ほど前にパートで雇っていた中年女性から指さしされながら「マッチャンでしょ、マッチャンでしょ、」と連呼され、それ以来ご来店になってはいません。かのパートの女性は他の問題もあり雇って10日もたたずに辞めていただきました。残念な一件です。

下目黒日録 2月21日

先週と同様に暖くなり沢山のお客様で賑わった日曜となりました。
昨日の雨から今日の晴天、さらには先週の入客とお店が忙しくなりそうな要素が幾つもあったので、スタッフのH君に早めに仕事に入ってもらいました。この判断は有効で先週よりも忙しくなった割に疲労は少なくてすみました。

夜の遅い時間帯にいたしたお客様にGoogleマップでお店の情報が実際とは異なっていると教えていただきました。
異なっていたのは営業終了時間で、平日が実際は1時まで営業が12時で終了となっていたり、日曜が12時に終了のところが10時になっていたりです。
遅い時間帯が暇なのはこの間違った情報も一因があるかもしれません。
早速正しい情報を送っておきましたが反映されるには時間がかかるかもしれません。

下目黒日録 2月20日

春の嵐がやって来ると天気予報がありました。このようにアナウンスされるととたんにお客様の足は鈍くなりますが、本日土曜日のランチタイムは勢いがありました。お仕事のお客様のランチセット、特に魯肉飯付きに沢山の注文をいただいたり、家族連れのお客様で餃子を一緒にソバを注文されたり、多様なオーダーに大忙しとなりました。
しかしランチタイムも一段落の2時過ぎには今までの勢いはなくなり、それと合わせたように雨が強くなりました。その後強い雨が閉店時間まで降り続き、店内は静かなまま営業を終えました。
本来忙しい土曜日もあいにくの天気でしたが、ランチタイムが勢いのあったので救われました。

ごとう@駒込

DSC_0446
東池袋大勝軒で修業した店では最も多く食べた店です。
以前は池袋の西口から立教大学へ向かう道筋に店がありました。当時はよく似た感じの御兄弟とお母様らしき方との3人で運営されていました。
この寒い季節にこちらでいただくのはいつも”温盛り”とよばれている水で洗った麺を再び湯に通して温かくした「つけ麺」です。
温かくしてもモッチリした麺は濃いつけ汁と相性が良く、口に運べばツルツルと喉を滑ってお腹に収まっていきます。

下目黒日録 2月19日

ネット上で面白い記事をみつけました。

獄卒 CL⇔ROWN ‎@nero_clown
『お客様は神様だろ?』という変な客がいたんだが隣の席に座ってたガチムチな黒人のお兄さんが立ち上がり『神はアラーだけだ!お前はふざけてんのか!?』とバリバリの日本語でキレだしその客をビビらせて帰らせた。お礼を言うと『実は僕仏教なんだけどね』と笑って帰ってった
2016年2月20日 02:09
12,534 12,534件のリツイート 9,556 いいね9,556件

確かに今世界中で最も恐ろしいのはあの過激派でしょう。
“仏教徒”と言うオチもおもしろいですね。

下目黒日録2月 16日

本日で移転して丸4年となります。
時々ではありますがまだ移転をご存知ではないお客様からの問い合わせがあります。また、移転後に初めて来店したお客様もいらっしゃいます。未だに情報が行き渡らないのには驚きますが、一方には久々であっても食べようかと思っていただけるのはありがたいですね。
瞬く間の4年でありますが変化も色々とありました。
最も大きな出来事は五反田店の閉店です。残念な事ではありますが、私にとってはラーメン作りに力を注ぎやすい状況になりました。
従業員の出入りもありますが何より小室君の独立は喜ばしい事です。しかし残念な去り方の従業員もいました。逆に残っている従業員の成長もありますし期待の新人やベテランの復帰もありました。様々な人の流れはありますが、今は安定した職場環境です。
味作りは新しいメニューもありますし、さらに深まって来たのもあります。全てにおいてまだまだ満足にはいたってはいませんが、今後も追求は続けて行きます。

下目黒日録 2月15日

昨日は初夏を思わせる暖かさ、うって変わり本日は真冬に逆戻りです。
やはり暖かいとお客様が沢山おみえになります。昨日は今年一番の売り上げとなりました。
それに比べ本日はランチタイムから暇な一日です。特に夜遅い時間には閑散とした店内となっていました。
昨日と今日、均せば普段同様な売り上げですが、働き方が極端に異なります。

北楼及び演劇図鑑 菱川師宣@東京国立博物館

江戸の二大悪所は吉原遊廓と芝居小屋だそうです。前者は玄人と後者は素人と馴れ初めるる場所との意味合いでしょうか。
菱川師宣の「見返り美人」は切手で高価に値を付けた代表格ですががこれも同様な風俗画です。
お洒落をしてお出かけの人々が描かれていますが、それぞれどんなストーリーがあるか勝手に想像してみました。
遊廓を訪れた従者を連れた高位の武士は顔隠しています。また前髪のある若侍を供なたった武士はあらぬ目論みなどあるのでしょうか。
イメージが膨らむ作品ですが全体を通して伝わってくるのはこの時代の洗練された風俗ととおおらかな空気でした。
145538441554814553842658491455384099289