月別アーカイブ: 2015年4月

下目黒日録 4月26日

御近所の方から苦情をいただきました。
車で来店されたお客様が、御近所の敷地内に置いてあるカラーコーンを勝手に移動させ、敷地内に踏み込んで車を通過させ、さらにその後カラーコーンをもとに戻さず入店されました。その一部始終を見て確認した御近所の方が来店され直接私に苦情を訴えられました。
私はお詫びをすると共に当事者であるお客様にも御近所の方に謝罪していただきました。
このような事は今回だけはありません、過去に幾度も起こっています。
かづ屋の駐車場へ入るには、一方通行をバックで入場して頂くか、もしくは大鳥中学方面に迂回するしかありません。しかし希に山手通りのかづ屋から30メートル程先を左折し狭い道を回って来られる方がいます。その経路を通る際、道幅が狭いため御近所様の敷地内に車を浸入させなくては通過できない状態です。さらには敷地と道路を隔ててあるカラーコーンを勝手に移動させまた元に戻さないという方もいます。
苦情を訴えられた御近所様は申し訳ない気持ちです。このような事が起きないように、お客様をうまく誘導していけるよう対策を練っています。

おにやんま@五反田

1429980417906
最近このうどんを食べる頻度が上がっています。今日は仕事が終わって、深夜1時過ぎの訪問です。
並盛のかけうどんが300円、揚げたてのちく天が120円、さらにアスパラ天が100円。
この値段でこの時間帯で、ツルツルでシコシコの茹でたてうどんがたべられます。
立ち食いではありますが、この東京でトップクラスのうどんでしょう。
一生懸命作っているお兄さん達に感謝したいで気持ちでいただいております。

下目黒日録 4月24日

img_0 愛川欣也さんの訃報が伝えられています。あまり身近な感じはしてはいなかったのですが、思い出してみればラーメンブームの火付け役を担った方でもありました。
1984年に放映されたテレビ番組「愛川欣也の探検レストラン」において、売れてないラーメン店を番組がテコ入れし売れる店にしようとする企画がありました。
当時、まだまだラーメン自体が世間で然程に騒がれる食べ物屋でもありませんでした。しかし活字媒体では山本益弘の「東京味のグランプリ」において寿司や蕎麦、洋食とならびラーメンもひとつのジャンルとして星付けの評価の対象にもなったり、文藝春秋社より「ザベストオブラーメン」なるラーメンの写真集がでるなり、ブームの兆しもありました。
当時東京ラーメンの名店の集まる荻窪において、青梅街道沿の「丸福」と「春木屋」がその双璧とされていました。その両店の中間にある活気のないラーメン屋「佐久信」を各界の叡知でもって繁盛店にしていくテレビ番組放映されました。
印象に残ってはいるのは、コピーライターの糸井重里が「突然バカウマ」と店のキャッチコピーを付け。店主にはラーメンが出来上がると「熱いです」などと掛け声を掛けさせていました。
そのころ丁度私は「たんたん亭」で修行を始めたばかりでしたが、お客様との間にもその番組の話題はよく持ち上がっていました。
さらに、この店の一件をヒントに伊丹十三が「タンポポ」というラーメン屋を舞台にした映画を作り、これもヒット作になりました。
このようにラーメンが世の中で騒がれ始めた端緒が、この「愛川欣也の探検レストラン」だったようです。

下目黒日録 4月23日

「 民主主義は最悪の政治形態らしい。ただし、これまでに試されたすべての形態を別にすればの話であるが。」ウィンストン.チャーチル

統一地方選真っ盛り。目黒区議会選挙も熱くなっています、選挙運動の車が街のいたる所で声を発しています。
しかし、困った事に誰に投票すべきか決めかねます。何より候補者の実像が見えてきません。
とすれば必然的に消去法で考えていくしかありません。
まず特定の団体を支持母体としている候補者は避ける事にします。昨日も路上でそんな候補者と支持者が盛り上がっている場に出くわしましたが、つい冷めた目で見てしまいます。
さらに地方行政と関係ない事をアピールする候補者も困ります。たとえばやたら平和主義を唱える団体もありますが、はたして目黒区が何処かと戦争でもするのでしょうか。
地方自治の問題は国政の枠を絡めて考えれば進めずらい処もあります。身近な問題は大きくしないで片付けていただきたい。例えば保育所を増やすなどは超党派で取り組むべきでしょう。
選挙広報も手元に届いたのでこれからじっくり読もうと思います。しかし紙面に限りもあります。
選挙運動期間の一週間、車の拡声器で名前を連呼するのも、冷静に考えれば奇異な事です。それは選挙運動の当事者も同様に考えているでしょう。

甦るバロックの画家グエルチーノ展@西洋美術館

グエルチーノ
《聖母被昇天》1622年頃

久し振りに美術館へ、新国立美術館にフェルメールでもと思いもしましたが、混雑が予想されるので気乗りせず、そこで上野方面に向かう事にしました。西洋美術館前を通りすがれば、「甦るバロックの画家グエルチーノ展」が目に入り、人の入りも少なそうなので観てみる事にしました。
17世紀のイタリアで活躍し、近年に至って評価が甦ってきているそうです。バロックといえばルーベンスやレンブラント、イタリアではカラバッジョなどが馴染みがありますがこの画家は初めてです。
絵のテーマのほとんどは聖書と神話からで、登場人物も大体決まっています。しかし作品の中の人物はみな生き生きと表情豊かに描かれています。色調が押さえられているので落ち着いた佇まいですが、伝えんとする処には激情があります。会場全体の照明が押さえられているのでそんな絵画世界にしっかりと浸れました。
今日はたまたまではありましたが、バロックの奥座敷を覗かせてもらったようです。

苅田
チェリストの苅田雅治さんとその御子息が参加されている、チェロトリオのコンサートにいってまいりました。
私とすればシェスタコービッチ弦楽四重奏全曲演奏の最終回以来となります。
本日の演目はバッヘルベルのシャコンヌ、バッハのシャコンヌ、ハイドンのチェロ協奏曲etcとなっていました。
チェロだけの編成でありながら多彩な音色が響いてきます。僅か4本のチェロから重層感さえ伝わって来ます。
中でも圧巻は最後に演奏されたチェロ協奏曲です。苅田雅治さんがソロを担当され、チェロトリオの面々がオーケストラのパートを演奏されます。 このハイドンの曲は初めてですが、若い頃の作曲でバロックから古典派様式への過渡的な作品と解説されていました。軽やかで明るいいロココ調が伝わってきます。
注目したところは苅田雅治さんの貫禄ある演奏です。 曲が速い調子になるとかなり複雑で素早い指使い危なげなくこなされます。ステージに威厳さえ漂っています。
印象的であったのが、息子さんが奏でたメロディにお父様のソロが音を重ねるあたり、親子と知って聴くのもありますが暖かなハーモニーを感じます。
そんな処で実に心暖まる演奏会であったようです。

下目黒日録4月13日

 

山岸大勝0

  池袋大勝軒の山岸さんが亡くなられた事が色んなメディアで報じられています。
私としましても30年以上まえからか「特製盛りそば」に親しんできたもので幾ばくかの感慨に見舞われております。
最初に食べたのが20代の際後半の食べ盛りでありましたが、さすが大盛りを食べきると近くの公園のベンチにて暫し経たり混んでいた記憶があります。
味わいを思い返せば、ソフトで独特の触感の自家製麺はいくら食べても食べ飽きず、甘酸っぱいつけダレは馴染みやすく一口めから美味しく味わえました。
こんな味わい以上に山岸さんが多くの人に支持されたのはその人柄だったようです。私にしてもいつも帰り際にご「馳走さま」「有難う御座います」の短いやりとり間から伝わってくる暖かい気持ちは他では味わえないものでした。
それは何処から来るものか暫く疑問でしたが過去の感動的な一件から推測をしてみました。
かつて山岸さんが奥さまを亡くされた時に、すっかり気力を失い、いつ再開する目処もない休業を事があります。そんなお店を訪れた常連客が店のドアに励ましの書き込みを始めたそうです。それから休業中のお店を訪れた常連客が次々と暖かい書き込みをしていくようになったそうです。やがてそれを目にした山岸さんが再び気力を取り戻しお店を再開するに至ったそうです。
その一件から考えて、山岸さんにとって誰が励ましの書き込みをしたのかわかりようがなく、店を訪れるお客の全てがその書き込みの当事者と映っていたのかもしれません。
山岸さんのお客に対する暖かい眼差しにはそんな含みがあったのかもしれません。

塊力屋@五反田

塊力屋

 

五反田駅周辺に新たなラーメン店が開店していました。

ネットで調べてみれば京都が発祥の大型チェーン店です。

ラーメンの画像を見ればどこか懐かしき尾道の朱華園と似ています。これは行かねばと思い立ち早速にスクーターを走らせました。

到着は午後3時をまわっていましたが満席です。席数は40席以上はありそうですが、繁盛しています。暫し待たされた後にカウンターの隅にあんないされました。

注文したのは醤油ラーメン。いただいてみれば見た目どおりに朱華園の味に似ています。濃いめの醤油味に脂身が浮いています。厳密には朱華園のように平打ち麺ではないし脂身もこちらは細かなアラレ状なので異なる点もありますが、しかし私には懐かしくて好きな味です。

 

 

 

 

亜寿加元スタッフが家系ラーメンのお店を委託営業しています。その店に来月から加わるかづ屋の従業員との会話の中でパイクー麺が出てきました。
まずパイクー麺とは、カレー粉混じりの薄い衣でパリッと揚げた豚肉をザクザクと切って乗っけた麺であるとか。また家系ラーメンでパイクー麺を作ると面白いかもなどとの展開です。
そんな話題から身近でパーコー麺と言えば渋谷は亜寿加のパイクー坦々麺と思い浮かべます。正調パイクー麺ではありませんが、家系パイクー麺の話題と同じ系譜かと。そこで自然と話の流れはそちらにむかいます。
ひとしきりパイクー坦々で盛り上がると当然食べたくなります。機動力のある食いしん坊の私とすれば渋谷までの距離は苦にもなりません。早速出発しました。
確か今週も来ていますがその時はパイクー味噌でした。大体交互に食べているようです。
麺類にはご飯がサービスされますが、これに卓上の辛子高梨をまぶしパイクーと一緒に頬張るのもここの醍醐味です。
随分以前、確か30年以上前から来ていますが当初からはパイクー坦々麺なかったはずです。今日はその辺りを店の方に聞いてみたのですが、確かに20年前辺りからのメニューだそうです。以前は淡麗な醤油味の麺が主力であったようですが、今は坦々麺、しかもパイクーが乗った麺が主力となっているようです。

芳村家
告知を行わずでありましたが、ブログを新しく作り替えました。以前より便利な機能もあるので、記事のほうもより充実させようと目論んでおります。
さて、久々のブログ更新は横浜家系総本家の吉村家のレポートからです。
近場で時々ではありますが家系のラーメンを食べています。近年益々都内に増えているようです。そんなおり元祖はどんなあんばいであったか記憶が薄まっています。そこで味を確かめるべく足を伸ばしてみました。
かれこれ5年ぶりだとおもいます。午後2時過ぎの到着ですが待ち客も何人もいます。さすが、繁盛は相変わらずといった処です。
確かこちらはローストタイプのチャシューなので注文はチャーシュー麺に。麺は家系では柔らかめを頼んでいたのでこちらでも。回りの若いお客から固めコールが飛んでいますので少数派であるようです。
いただいてみますと味の記憶と比べて 味付けが強い感はありましたが美味しくいただけます。麺も丁度よい感触です。
明らかな変化は卓上の調味料に刻み生姜が加わっています。おろし生姜は以前よりありましたさらにが刻んで酸味を加えた生姜が卓上にあります。試してみればこれは良いアクセントです。
そのほかトッピングに刻んだ生玉ねぎがあったりと色々な変化があります。これだけの繁盛店でありながら新たな試みが続けられている姿勢に敬服します。