月別アーカイブ: 2014年12月

下目黒日録 12月30日

%E5%BF%98%E5%B9%B4%E4%BC%9A2014.jpg
今年の忘年会は目黒の焼肉屋の本牧亭で行いました。
五反田店の閉店にともない参加者も従来より半数ほどになって、より親密な会となると予想していました。しかし焼肉は肉を焼く作業が忙しく、又食べ頃も逃したくもなく、話は二の次の感もあります。話の材料も幾つかは有りましたが、どれも不十分となってしまいました 。
そんな処で今後はこの様な集まりに焼肉屋は使わないと心に決めた一夜となりました。

凪@五反田

1419401569536.jpg
かつてのかづ屋はその面影も残ってはいません。
店内に入れば薄暗くまるで洞窟に入り込んだようです。
席数は17席、かづ屋より4席増えています。カウンター2つが平行して作られ中を通って接客がされます。入口はそれぞれののカウンターごととにあり、初めての方は戸惑われるかもしれません。
座席に座った位置からは確認できませんが席数が増えている分調理場は狭くなっているはずです。おそらくこの高い家賃の場所での調理は極力避け、セントラルキッチンにて行っているのでしょう。
いただいたラーメンには渋谷の「煮干し王」には無かった辛味調味料が加えられています。麺をすすれば滑らかな触感か舌をはいまわるので柔和さを感じますが、噛んでみればしっかりとした弾力を持っています。出汁は煮干しのエグミまで絞り込んでいるかのようですが、辛味を持って嫌味になるのを防いでいるようです。
美味しくいただきましたが、私とはまったく異質な感性が店作りとラーメンに表れているようです。
1419401584745.jpg

下目黒日録 12月21日

%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%8F%E3%83%B3%E9%BA%BB%E5%B8%83.jpg
数年前より魯肉飯(ルーローハン)を追っています。自ら食べたい願望もありますが作って提供したい考えもあります。
ネットで調べ近場で評価が高いこちらにうかがってみました。
本来、ランチメニューである汁ビーフンとのセットを夜の営業に単品で注文しました。
店の方によればキャリア50年の調理師が作っているそうでが流石に美味しいです。ほとんど脂身の豚肉もしつこくはなく、粘りけのある汁が御飯と良く馴染みます。
さらに汁ビーフンもあっさりしているものの旨味がしっかりしています。ビーフンの固さもしっかりとアルデンテです。野菜タップリの中にときおり干しエビを見出だし、塩加減や触感がアクセントになって美味しくいただけました。
また箸休に取ったラッパー菜が辛味が強めですが上手く漬上がっています。
これは良い店に出会ったと思います。次回はランチタイムに来ることにしましょう。

金谷ホテル@日光

%E9%87%91%E8%B0%B7%E3%83%9B%E3%83%86%E3%83%AB.jpg
日帰りで 日光に行きました。
紅葉も終りすでに初冬、雪もちらつく寒い一日です。
昼前に到着し日光東照宮の境内を散策しましたが、観光シーズンではないので、杉の老木に囲まれた境内は落ち着いた雰囲気を醸し出していました。境内の要所を巡った最後は長い石段を上り家康公の陵墓までお詣りしました。死して後に遥か江戸を望むが如く、又は西国に睨みを効かす様に祀られた陵墓は、実際に臨んでみればなるほどと納得がいきます。
適度に歩き回ったの後には、昼食にと東照宮に至近の金谷ホテルへと向かいました。クラシックホテルとして名高い此方には一度は泊りたいものでが、今日はせめてランチでもといったところです。
此方のランチでお勧めにあったのは、虹鱒の金谷風とありましたので私はそのランチセットお注文した。連れの妻は栃木夢ポークのチーズはさみ揚げアップルソースにに惹かれたようでそちらのランチセットを。さらに名物とあった大正コロケットも気になる処だったので、アラカルトで注文をしてみました。
虹鱒は黄金色に仕上がった大ぶりな姿に食欲をそそられます。魚はこの土地の産なのでしょうか、身は柔らかく旨味に富んでいます。骨からの身離れも良く食べやすく調理されています。表面は軽く粉がまぶされ香ばしく焼かれ甘味のあるソースが絡まっています。どこか甘露煮を思わせる洋食ですが、和洋折衷のこのホテルに似つかわしくあります。
コロケットは上品なベシャメルソースに蟹の身が潜んでいます。元来は芋コロッケ党の私ですが此はいただけます。表面のパン粉も微粒子で口当たり優しく仕上がっています。
食後はランウンジにて小一時間ほどのんびりさせていただきました。年季の入った内装とソファーは居心地がよく、さらにスチームヒーターの温かさについうとうととしてしまいました。暫くして気が付いた時には広くとった中庭を臨む窓の外に細かな雪が舞っていました。この時季の日光も棄てがたい処です。

ピーマイ@学芸大学

%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%82%A4.jpg
思い付きで担々麺を胡麻ではなくココナッツミルクで作ったらと考えた事がありますが実際にタイ料理で出会しました。タイ北部の麺料理カオソーイがそれです。
特徴的なのは揚げ麺が盛られています。汁にはモチットした麺が浸っています。交互に食べても味わいがあるし、揚げ麺がふやければこれはこれで楽しめます。
学芸大学駅から南に伸びる商店街にあるタイ料理屋ピーマイの店先を通ればいつもお客で賑わっています。本日はランチタイムですが色々なセットメニューやサイドディッシュが取り揃っています。どれもボリュームがありお得感があります。
連れの妻はガッパオとイスラムカレーのハーフセットと生春巻を注文しました。どれも美味しい出来映えですが私の基準ですこし辛口なようです。しかしまた来たいと思わせてくれるお店でした。

B.@武蔵小山

%E6%AD%A6%E8%94%B5%E5%B0%8F%E5%B1%B1B.jpg
武蔵小山の洋食屋さんですが夜はバーの色合いが強くでるお店のようです。しかしメニュー構成や狭いオープンキッチンながらオーブンを備えている処から料理の提供に力を注いでいるのがうかがえます。
場所はメイン通りのパルム商店街から細い横路を入って50メートル辺り。小さな飲食店が其処此処に見受けられる場所です。この店舗は以前蕎麦屋がありました。10坪に充たない処に小さな旧式製麺機を備えて頑張っていました。さらにその前はタイ料理屋でした。日本人のご主人がタイ人の奥様と美味しいタイの家庭料理を提供されていました。清潔感があり安心していただけるとてもお気に入りでしたが短い営業期間でした。
どちらも良い店ではありましたが長続きはしませんでした。私の推測では酒飲みのお客の対処に問題があったのではと考えてもみました。
例えば蕎麦屋では、昼の遅い時間に訪れると、飲み客がカウンターにて煙草を吹かしつつ店の人に話しかけている光景に出会す事が続きました。昼食を取りにきた客の私的にはあまり居心地の良い空気ではありません。以降は段々と訪問間隔が開いてきたのは自然の流れでした。
またタイ料理屋のご主人は夜の飲み客が料理をしっかりと食べてくれないとこぼしていました。来店はうれしいお客様でも店の為にならない場合もあります。
こんな事の続いた場所ですが、フラリと気まぐれに昼食を取りに入りました。いただいたのはカレーですがなかなか手の込んだ作りを感じさせる逸品でした。おそらく小麦粉のルーを使わず大量の玉ねぎを炒めて円やかな味わいを出していす。辛さはさほどではありませんが充分スパイシーです。美味しくいただきました。他の

下目黒日録 12月1日

%E3%83%89%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88.jpg
「支那ソバ小むろ」が開店して2週間ほどですが評判は上々のようです。
その中には超弩級の新店現れるなる最上級の賛辞もあります。
そこであまりラーメンには関係ありませんが「超弩級」なる言葉の意味を考えてみましょう。
この「弩」とは本来古代中国の大型の弓ののような兵器です。しかしここではそれを指してはいる訳ではなく「ドレットノート型戦艦」の「ド」の当て字であるようです。
このドレットノートとは1906年に就航したイギリスの戦艦で従来のそれに比べて革新的な性能を有していました。その為に以降はドレットノートと同様な性能を持つ戦艦を「弩級戦艦」と表するにいたりました。さらにこの「弩級」を超える能力を持つ戦艦の登場に際して「超弩級」なる呼称を付けたようです。日本においてはこの「超弩級」に相当する最初は「戦艦長門」であるようです。

下目黒日録 11月19日

%E6%94%AF%E9%82%A3%E3%82%BD%E3%83%90%E5%B0%8F%E3%82%80%E3%82%8D.jpg
「 支那ソバ 小むろ」が開業しました。
送られた花から多くの人々に祝福されているのが判ります。
かづ屋からはスタッフも応援に駆けつけています。
幸せなスタートですが若い店主にすれば、その感慨に耽る余裕もないと想像しています。
実際この夜の電話から慌ただしい一日が知らされました。会話には、開業に際して試みたい事も色々と有ったそうですが、結局かづ屋の仕事以上は出来なかったそうです。
これは常々私が語る持論であり、さらには仕事の質においても言える事です。
希にはありますが、たんたん亭時代にもかづ屋の従業員からも聞こえていましたが、雇われ身分のあいだは全力を出さないで独立後に発揮する等の話があります。実に不埒な心持ちでありますが、それ以前に不可能な事かもしれません。
今後その辺りにも小室君からの言及があるかもしれません。