月別アーカイブ: 2014年10月

下目黒日録 10月24日

1414166408515.jpg
最近、何度か振られていたので今日こそはといった感じです。
狙いは特別メニューですが、生憎と提供の間であるようです。ならばと未食であったミックスワンタン麺といたしました。
かづ屋では海老ワンタンは無かったものの、六本木かづ屋あたりから仕込んだのでしょうか。私の嗜好が海老には向いていないだけですが、たんたん亭の系列でお馴染みの品です。
久々に食べるここの麺はプルプルして実に美味しいと思います。この麺の触感は、かづ屋とは随分と違い独自性が際立っているといえます。

丸香@神田神保町

1414078543464.jpg
とあるテレビ番組にて大行列の店との紹介されていました。それを見越して3時近くに店に行きましたが、店内満席であっても待ち客はいない状態でした。
これもテレビの出演者が腰の強さを感心していました。しかしいただいた感じはさして腰の強さをだした麺ではありません。それよりも熟成の度合いや茹で加減.締まり具合また弾力やエッジの付き方などいろんな要素のバランスが良いと感じました。
さらにこの店の特筆すべきはお汁の質が飛び抜けて良いようです。この値段でこので汁はお得でしょう。
近所の方にすれば大変重宝なお店といえます。

菱田春草展@近代美術館

Kuroki_Neko_by_Hishida_Shunso.jpg
この黒猫は日本の近代を具現化した作品であるそうです。
成る程、琳派の流れを感じさせる樹木と、毛並みの感触が生々しいリアルな黒猫。伝統の積み重ねの上にある新しい現在。明治なる時代の実相かもしれません。
こんな一枚を前にしての、”可愛い猫ちゃん”などと囁き声が聞こえてくるような会場の雰囲気です。平日の昼過ぎでもあり御婦人方が圧倒的多数を占めて盛況の企画展です。
菱田春草は37歳の若さでこの世を去ったため、作品の数もかぎられます。その為今回の企画展では主要作品が勢揃いし、その画業の全貌が明らかにされています。
明治の日本画、中でも岡倉天心門下の作家が好きな私にすれば見逃せない処です。
今回出品の作品の半分程は既に観た作品ですが初見の作品と同様な新鮮な感動もあります。そのなかで印象深かったのは、新しい試みに果敢に取り組んでいた処です。例えば朦朧体と呼ばれた輪郭線を無くした風景画など、これは印象派ではと思われる作品もあります。印象派が主に光の揺らめきを捉えてもいたとすれば、朦朧体は水蒸気に揺らぐ樹木が迫ってきます。この湿潤な日本の風土を見事に表すとともに、日本人の心証まで伝わってきます。
印象的な解説に、晩年の横山大観が世の賛辞を受ける度に、自分より春草君が上であると述べていたそうです。若き日にこんな天才と交わりそして夭逝されたならば、大観にとって終生頭から離れぬ存在であったでしょう。そしてそれは大観の膨大な作品に大きな影響を与えているとおもいます。いわば大観の作品の中に春草は生きているのかもしれません。

下目黒日録 10月22日

1414033691487.jpg
久々に西荻窪の師匠のもとへ。
ラーメンをいただきつつ近況やら周囲のわ話題を幾つか。
店をサポートしてくださっているフィリピン人の兄弟が、あちらでラーメン屋を開きたい。そこで製麺機などあちらに持っていったらどうか、など質問されました。
炒麺を作ってみたいので、加水が45%以上の太麺を依頼されました。
そこから炒麺談義を暫し。
店に掛けられたメニューを見ればほんとうに変わった店だと思います。
一応ラーメン屋なんですが、刺身系のつまみから自家製一夜干しやさらには本格中華まで。しかもどれも本物。まさに唯一無比さらに孤高の店といえるでしょう。
近い内に飲める連れでも伴いうかがいたくなりました。

空也上人がいた 原作山田太一 作画 新井英樹

img.jpg
友達に薦められ読んでみました。
81歳の要介護老人、27歳の元介護施設職員、47歳の女性介護プランナー。三者共に打ち消しがたい過去や打開出来ない現状にあります。
老人は人生の終焉を模索しながらも性への意識を保っています。
若者は仕事の挫折感にとらわれながら生を模索している。
中年の女性は仕事に追われつつも自分の人生の隙間を感じています。
物語は介護プランナーから老人宅への在宅介護を依頼されて始まります。そして老人からの謎めいた要望に応えていくうちにそれぞれの問題が鮮明になっていきます。
そして物語は老人の棺を前にしての青年と中年女性による性行為に至り終演します。
この奇異な結末は粗筋だけではグロテスクにも感じますが、読後感には爽やかなカタルシスがあります。
作画の新井英樹氏は「宮本から君へ」で世に出た漫画家です。人間のあらゆる営みを生々しく表現し多くの読者の共感を獲ている作家です。後書きの対談にありましたが、この作品においてはいささか表現はおさえているそうですが、それでも新井英樹氏ならでは世界です。
えてして 表現があからさまで生々しくあれば、受け手においても羞恥心や嫌悪感を催す事もあります。しかしその辺りを力を抜いて受け入れてみればより作品世界に共感できるでしょう。
先月に出版されたばかりですが、これから評判も高まりそうです。そうであれば映画化なども話があがるでしょう。そこで私なりにキャストを考えてみました。
老人には是非とも山崎努氏にお願いしたいところです。若者には嵐の二宮君辺りで集客を上げてもらいます。中年女性役は私の好みで風吹ジュンとしていただきたい処です。

松波ラーメン店@松陰神社前

IMG_20141022_233018.JPG
いただいて意外であったのは随分と油分が少ない処です。それでいて決してもの足らない感じはありません。さらにスープの色合いからみて醤油ダレもかなり違いがあります。独自の研鑽が伝わってきます。
麺は大栄食品を仕様し平ザルを巧みに使いあげてきます。この麺はかつて私も使っていたので言える事ですが、この麺の良質な部分が充分引き出されています。
1413987230105.jpg
こんなラーメンを引き立てているサイドディッシュはこのキーマカレーです。ネット上の評判から期待して注文しましたが予想通りの美味しさです。インド料理をけっこう食べている私的にも充分に”マサラ”な逸品です。聞けば、かづ屋時代の賄いから発展させたそうです。知りませんでした。
1413987252602.jpg
この店の羨ましい処は世田谷線に面したロケーションです。この電車の沿線にはどこか懐かしさを醸し出し穏やかな心情に導いてくれる佇まいがあります。そんな環境に見事に溶け込んだ店作りになっています。これを何かに例えられないかと考えたならばジブリが思い付きました。ジブリワールドにラーメン屋が登場すればきっとこんな絵柄になるでしょう。とすれば、松波君はどんな描き方をされるのでしょうか。そんな事を想像しながらほくそ笑んでみました。

下目黒日録 10月19日

1413797520822.jpg
山手通りを反対側車線にあったパーキングが無くなっています。工事を行っている処からビルが建つのでしょう。
此方をご利用のお客様もけっこういらしたので不便になります。
そうであれば当店裏の駐車場をもっと利用していただかねばなりません。まだ案内が充分でないので考えねばならないでしょう。

神無名備@日暮里

1413629131870.jpg
随分と有名なお店なので行列必至を覚悟していました。しかし午後1時に店に着き直ちに席にすわれました。しかも先客は1名。いささか拍子抜けの感はあります。
これも繁盛店への先入観ですが接客もさりげない感じを予想していましたが担当されている女性が随分と愛想が良いです。何処にでもお好きな席にどうぞ、判らない事は何でも聞いて下さいとか、さらにはティッシュの箱を然り気無く近くに置いてくれたり。たぶん雇われている方ではないでしょう。
注文は醤油ラーメン1080円です。高めの値段設定ですが、大きめのチャーシュー等を見れば割高感はありません。
いただいてみれば濃い色のスープは円やかな旨みがあり、麺にはしっかりとした腰があります。モヤシがのっていたりアゲネギが浮いていたりしているので渋谷の喜楽を思い起こさせます。それを含めて中華ソバの属性をしっかりと表しながらも、この店の独自性が際立っています。
近頃見受けられる事として、個性を出しているつもりでありながら実は流行りごとに追随しているだけで、逆にその他大勢に埋没している店があります。そんな店と対照的なのが此方かもしれません。それを成させているのは、たぶん一つ一つの仕事の掘り下げ方の違いなのでしょう。美味しいラーメンです。

ウフィツィ美術館展@東京都美術館

%E3%82%B1%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%A6%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%83%91%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%81%A8.jpg 十代の初めからボッティチェリの「ヴィーナスの誕生」や「プリマヴェーラ」を画集を通じて親しんできました。35年ほど前にフィレンツェに行きましたが見逃しています。やはり現地に向かわねばこの手の作品の観賞は無理かもしれません。
そんな状況故にこのような企画展に大した期待はかけませんが、ルネサンスの片鱗にでも触れられたらと思いました。
そのなかでこのボッティチェリの「パラスとケンタウロス」見応えのある作品でした。
私的にはギリシャ神話からの主題には深く入り込めませんが、見所はパラス像に表された女性の表情です。代表作のヴィーナスや女神にしろ、この作家が描く女性は物憂げな瞳を持っています。それはこの作家の実生活の中で特定される女性のものなのでしょうか。
そんな想像をしていたら、ずいぶん前に読みかけのままの辻邦生の「春の戴冠」なる小説を思い出しました。ボッティチェリを主人公にしたこの作品にはたぶんこの辺りも主題となっていると思われます。そこで電子書籍ではと思い立ち早速購入して読み始めました。しかし冗長な語り口に全4巻なる長編である事から、たぶん今回も途中までしか読まないでしょう。ならば適当な美術解説書にでも当たったほうが良いかもしれません。

大宝@白金

1413641364509.jpg
此方の清湯その物を味わいたいと思っておりました。
そこで今日はラーメンと餃子の組み合わせを考えつつやってまいりました。
しかしいざカウンターに座ってみれば、やはりタンメンへと心動かされます。
結局餃子は予定通りとして、あとはタンメンの注文となりました。
そんな今日の収穫は餃子の美味しさです。皮は手作りではなさそうですが、厚手がカリット焼き上げられています。餡は然程の個性はありませんが鮮度の良さを感じます。
餃子は小まめに作れば手間なものです。これ程の規模の店であれば出数に限りがあります。そこでありがちなな事は沢山のつい作り置です。餡は充分に固めて冷蔵すれば然程ではありませんが、皮にくるめば劣化も進みやすくなります。前開此方に来たときには奥様が接客の隙間に餃子を握っていました。そんな営業スタイルも美味しさにつながっています。