カズオイシグロがノーベル賞を

Remains_of_the_day
好きな作家なのでたいへん嬉しいですね。いつかは授賞するのではと思っていましたがこんなに早くとは意外でした。
先ずは私はジェームス.アイボリー監督の「日のなごり」を映画を観て小説を読みました。アンソニーホプキンスの執事とエマトンプソンの女中頭が心に残る名演です。
小説では主人公の独白が上品な語り口で綴られています。中でもイギリスの田園地帯を眺めながら自身の信念を述べている処には保守主義の真髄が語られています。
作品のテーマのひとつには主人公の執事と女中頭の引かれ会いながらも交わらない恋心があります。物語の最後にそれが踏み出される予感もありますが、失われた時の中にだけその機会はあったようです。それを噛み締める主人公の心情が深く余韻として残る作品でありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>