佐村河内守

 最初から胡散臭さを感じました。
 好きなジャンルですが直ぐに飛び付かなくてよかったと思います。
 広島の被爆二世や障害者を喧伝される辺りに引いてしまいます。芸術は純粋にそれ自体でもって評価されるべきと考えます。標題音楽として聴けるかもしれませんが、予め刷り込まれる要素が強いと感じていました。
 考えてみればウチで働くTさんも広島の被爆二世だし、障害者一級を持っているし、さらには心臓に人工弁が付いています。そうだからといって自分の存在にそれでもって箔をつけてもいません。
 しかし現代の作曲者の作品が演奏される機会は少ない現状を考えれば。 こんな仕掛けでもないかぎり一連の作品が世にでる事もなかったかもしれません。
 またこの人物詐欺師といえばそれまでかもしれないが、役割的には音楽プロデューサーかも知れません。それを考えれば稀有な才能の持ち主かもしれません。 今後ともこのコンビで作品を発表続ければ面白いかも知れません。
 一連の作品群は評価が高いので是非とも聴いてみようとおもいます。その際は絶対音楽聴く姿勢で臨むつもりです。
 しかし困ったもので世の見識を持つ方々もけっこう騙されやすい事です。そもそもベートウベンなど空前絶後の存在であるので、その再来など容易に今の日本に現れるはずもないと考えるべきでしょう。
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>