下目黒日録 10月27日

 独自性を考えてみれば、我が師匠は早い時期からたんたん亭のスタイルを確立していたようです。私が入店した頃、師匠の歳は38歳。開業して6年を経過していたようでが、今に在るたんたん亭の原型は出来上がっていました。今から30年ほど前の話です。当時は未だラーメン屋も町の中華屋さんの類いとされており、多くの店で提供されるラーメンも、中華麺の具材がシンプルな一品の感がありました。
 とはいいつつも、少しずつ台頭し始めたラーメン専門店に今在る原型を見出だす事ができます。
 たんたん亭においても、中華の清湯をブイヨンに代えて用い完成させた中華風煮干しコンソメスープは今もこの系譜に脈打っています。さらには肉のプリっとしたワンタンやローストしたチャシューなど未だに他の店とは違いを際立たせております。こんな独自性が既に30年前に30台の若き店主であった師匠により確立されていたようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>