下目黒日録 9月28日

 製麺作業を週4日ほど担当しているTさんが心臓の手術をする事になりました。
 彼には東京に身内がいないため、私が入院の保証人となりました。
 本日は近々に迫った手術のため、担当の医師と本人と私の三者面談を設定しました。朝10時に入院先の女子医大病院で行うため、道に迷いながらもスクーターを走らせました。
 予定時間にギリギリ間に合いましたが、急に検査が入り面談は一時間先に延ばされました。ランチタイムには店に戻らなくてはなりませんが、辛うじて間に合うかと思いそのまま待合室で待機する事にしました。
 検査は何が問題か判りませんが、ことのほか時間がかかり11時半過ぎに終わりそうと看護師から伝えてもらいました。すでにランチタイムに突入し店の忙しさは気になりましたが仕方がありませんが。しかし暫くすると先ほどの看護師が再び現れ、Tさんが検査中に脳梗塞をおこした事を伝えて来ました。大変驚かされましたが大事には至らないようで安堵しました。しかし面談どころではないようで、ひとまず店に戻る事にしました。
 店に到着したのは1時をまわっており、1時間以上私抜きで頑張ってくれたようです。本日は目黒不動尊の縁日にあたり普段よりも忙しい土曜日のようです。ランチタイムが3時過ぎまで続いている状態でした。
 夕方には仕事も一段落したので、気になるTさんの状況を把握する為再び病院へ向かいました。
 病室のTさんはもう普段通り表情をしており、脳梗塞も極軽い症状だった事が判ります。話をうかがうと、検査に時間がかかり、私を待たせていることを考えるうちに癇癪を起こしてしまったようです。これで手術前の検査が再び必要となり、スケジュールは立て直されねばなりません。気持ちは判りますが人騒がせといえるでしょう。
 一応納得し店に戻り夜の営業に加わりましたが、忙しさは昼間同様に続いていました。結局閉店時間までスープは持たず、10時半で終了となりました。
 やれやれです、今日は実に慌ただしい一日となってしまいました。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>