月別アーカイブ: 2021年2月

戦後史における社会党  原彬久

41XSEBZ84WL._SY291_BO1,204,203,200_QL40_ML2_
議会制民主主義とは選挙によって政権が交代してこそ機能してるといえるでしょう。しかしこの日本での現状はごくいっときの限られ期間しかそれが実現していませんん。
その政権交代が実現する政治状況が日本にない原因のひとつが社会党。この万年野党を考えれば日本の戦後政治の実相が明らかになるようです。
社会党は左右の派閥が激しく対立していたそうですがその根幹は、左右が合同する前のそれぞれの綱領をみればなるほどとなります。それを議会制についてみれば、まず右派は「議会主義の厳守」を謳っています。社会主義政権獲得後も、反対党を許容し、選挙による政権交代を認め、平和裏に議会を通じて社会主義の実現を図るとしています。
かたや左派はで議会で「絶対多数」を占め、これを「恒久化」し、社会主義の原則に従って「憲法改正」を行なう、いわば議会制民主主義と現行憲法の否定であります。
これが合同し社会党の綱領とすれば一応議会主義は認めながら恒久的な社会主義政権を目指すとなっています。しかしこれは左右の折中と言うよりも左派の綱領と本質は同じだとおもいます。
このように主張の大きく異なった派閥による弊害は両派の党内抗争だけでなく、国民にとっても受け入れがたい極端な綱領の政党となっていたのでしょう。
日本社会党が西欧の社会民主主義政党のような性格であれば、もっと広範な支持層がえられたとはよく言われています。

日本人とは何か。  山本七平著

41I02IaZx3L._SX330_BO1,204,203,200_
富永仲基の評伝を読みその参考書籍のひとつとしてこの山本七平の「日本人とはなにか。」があり読んでみました。
著者の山本七平はかつてイザヤベンダサンとして出版された「日本人とユダヤ人」を読んだのがいまから50年程前
、以来20代後半ころまでけっこう読んでいました。5年程前に徳川家康の評伝を読み久々の山本日本論を堪能しました。
今回の著書は今までの山本日本論の総まとめといった一冊になっています。
古代から中世を経て近世まで今の日本を作り上げている要因は何かと順を追って展開しゆきます。ページ数にして800Pを越し優に新書3冊分はあります。これはかつて上下2冊で出版されたものの復刻版であります。
この著作の日本人とは何かとは言うも直さず現代の日本を解析しようとする試みであります。ここにおける語り口のひとつとして、外国人に問われて日本を解説した例をあげ、その多くは日本の近代化についてです。政治においては民主主義、経済においては資本主義経済、これら元々西欧において発祥したシステムがいかにして定着したか。それを説明する為に矢野暢氏による「掘り起こし共鳴理論」を充てています。それは新しいシステムが入って来たとき古くからある文化的蓄積がそれ共鳴して受容される。
例えば、民主主義に共鳴した文化は仏教界の「満寺集会」における「大衆僉議」よって多数決が行われそれが神意となしていたところとしたり。また武士にしろ農民にしろ為政者が後ろ盾にならねば自らが「一揆」という契約集団を組織していた。それが日本的な平等主義や集団主義となっていったとします。
また経済においては平清盛が宋より銅銭を輸入し貨幣を流通を即し、室町時代にはかなり貨幣経済が浸透していたそうです。その逸話として、李氏朝鮮からの使者が室町期に来日して、乞食が銭での恵みを望んでいたほど貨幣が浸透していたようです。
江戸期の経済の逸話とすれば、税率の五公五民と過酷な制度も、検地の頻度が少なく、それに漏れた耕作地により実際にはさほどではなかったようです。困窮している層はどの時代でもあるのでそこだけをとれば苛斂誅求な藩幕体制を印象ずけられもしますが、確実に総体においては富んでいく社会があったようです。
このように近代のシステムに共鳴する過去の日本の実際があります。さらに明治維新が継起である近代化は、国家運営者がまるっきり変わってしまう革命ではなく、前体制の為政者を含めながらの変革でありました。そのために日本の文化的蓄積が近代化の推進力になったようです。

同時進行ドキュメント 長田君の開業3

コロナ禍のこの頃、飲食店の閉店が街のあちらこちらに。店舗の賃貸物件をネットで探せばけっこうヒットします。私も過去に独立時を含めて店舗を探しをしましたが今までにないほどの物件数です。又聞きですが不動産屋さんによれば非常事態宣言が終わり時間短縮協力金が支払われればさらに店舗物件が出てくると予想しているようです。
昨日、五反田あたりをめぐってみましたが、表通りの一等地もいくつか物件が確認できます。かつての五反田かづ屋の並びにも出物がありました。この辺りは以前であればたとえ物件がでたとしてもネットに公開される前に大手の外食企業に抑えられていました。今は営業中であってもネットに情報が公開されている物件もあります。
かつて五反田にもかづ屋は出店していましが、そこに店を構えられたのはかなりの偶然によるものでした。たまたま五反田で昼食をとった帰り道、貸店舗の張り紙を目にとまり、それが情報公開してまもなくであったのが幸いし契約に至りました。既に何社からも申し込みがあった物件でしたが、かづ屋の業態が店舗に適していたようで審査が通ったようです。
五反田かづ屋は結局8年の営業の後に撤退となりましたが多くの教訓も得ました。飲食店にとって一等地は当然に家賃も高いので売上を上げる為に営業時間を延ばします。そうすれば必然的に人件費がかさみます。その反面、周囲の大手チェーン店の低価格に影響もされます。そんな味わい作り以外の土俵で闘わされるのは実に苦手な事でありました。かづ屋のような店であれば表通りから一本入ったり、駅から少し歩く距離の立地こそ似つかわしいのかもしれません。
長田君の店探しもそのあたりの教訓を生かしてくれたらと思います。
DSC_0261
長田君のまかない 煮干し混ぜそば(真ん中に自家製煮干し粉が)

同時進行ドキュメント 長田君の開業2

長田君の退職が今年なかばの予定なので欠員補充を考えています。
できるならば独立開業していった先輩と同様な志を持ってかづ屋で働いてもえる方を募集します。
いつも従業員を募集する際に私がめざすのは、技術も資金もゼロから5年で開業です。そのためには真面目で健康な方をまっています。
長田君の店舗探しはいくつか候補がありましたが条件に合いませんでした。その一つは甲府市の郊外にある大型店舗の並ぶ通りにありました。そこは立地は申し分ないのですがいかんせん9坪と少し手狭でした。通常のラーメン店であればそれでも良いのでしょうが、自家製麺は外せない条件であれば無理な広さです。さらに彼は小さなお子さまを含めた家族連れがのいらっしゃる店をめざしています。それらを考えるならば15坪程の広さの店が欲しいところです。
長田君のまかない、今日は塩ラーメン
DSC_0255

長田君の開業  1

従業員の長田君が今年半ばを目処に独立開業を目指します。そこでその成り行きを同時進行ドキュメントでこのブログにあげて行きます。
かづ屋に勤め始めて10年、本来であればとっくに独立しているはずですが、結婚や子供の誕生などがあり思い通りに開業資金が貯まらず今日に至っています。
本来私が目指しているのは5年で独立開業ですが、人それぞれの事情がありその通りにはいきません。
長田君の場合は就労して5年を経過したあたりでかづ屋のほぼ全ての仕事は習得できました。しかし資金を作れずに開業できませんでしたが、それはそれで後々良い結果に結びつくと考えています。それは仕事を一通り習得したといえど、その速さや精度の向上に限りはありません。資金を貯める為の時間は技術向上にも役立っています。どんな仕事にしても場数を踏むのは大事です。
彼に冗談で「私の老獪さには追いついていないよ!」と言ったりもしますが、インサイドワークを向上させるのが今の課題と考えています。
開業に向かっての現状はといえば、店舗を探している段階です。開業の予定は出身地の山梨県甲府を考えているそうですが、それに固執するだけでなく東京を含めてこの近県で探しています。
DSC_0249
長田君のまかない

天才 富永仲基 釈徹宗著

51QMzzx-PlL._SY346_
大乗仏教は偽物である!と説いた学者が江戸時代にいた。そんな興味深い事を知ったのは随分と前に読んだ小室直樹先生の本からであります。その学者、富永仲基の評伝が新書版ででたので読んでみました。
偽物とは大袈裟な表現であり「大乗非仏論」とするのが妥当であるようです。
それは仏典の全てが釈迦の金口直説(釈迦の直接説いた教え)ではないとする説です。釈迦の教えは死後数百年後に仏典とな、さらに何百年もかけて、後世の仏弟子たちにより加上(新たな教えが加え)されて行き、多くの仏典は成立したと説いています。
富永仲基は江戸時代中頃の市井の町人であり大阪の私塾「懐徳堂」で学びました。そして「出定後語」(しゅつじょうごご)を著し大乗仏典の成立に新たな説をたてました。
仲基は多くの仏典を読み解きその個々に表されている事柄の違いや扱いからその成立課程を読み取っていきました。当時の仏典はサンスクリットの漢訳しかなく、現代のようにその原点もパーリー語仏典もない状況でこのような結果を出したことは後世に驚きを与えています。
この大乗非仏論は各方面に影響を与えており、とくに江戸後期の神道からの廃仏に大いに用いられたそうです。
しかし本書によれば仲基は決して大乗非仏論者ではなく、ただ間違った認識の信仰はおかしいとしたかったそうです。著者によれば仲基の考えを現代的に表せば宗教多元論者であるとしています。
この新書の著者である釈徹宗氏は浄土真宗の僧侶であり宗教学者でもあります。そこで私は著者自身の信仰である浄土真宗を仲基の説で捉え、その加上はどんな経緯があったと考えられるのか興味があります。

東京下町山の手 エドワード・サイデンステッカー

61sz4pyPFnL._SX355_BO1,204,203,200_
東京はその名が定められてから2度も灰燼に帰しています。それは1923年大正12年の大震災と1945年昭和20年の戦災であります。町歩きをしていて希に古い家屋を発見し聞いてみれば、震災後に建てられ後に戦災は乗り越えたものであったりします。もっともその数も少なく、かつての東京をしのぼうとすれば書物の助けを借りることになります。
著者のサイデンステッカーは源氏物語の翻訳や川端康成、谷崎潤一郎、三島由紀夫等を世界に紹介した米国生まれで日本に没した学者です。日本との出会いは太平洋戦争下です。軍で日本語を習得し戦後も占領軍として日本に滞在しました。その後は米国と日本の大学で学びさらに両国の教壇に立ちました。
この著書は維新後の東京の成り立ち方と、さらに関東大震災により市中の粗方が灰燼にきして江戸の風物が失われるまでを追ったものです。
著者の生年からして当然震災前の東京は体験もできてはいません。記述の根拠となっているのは膨大な公の記録とそれに血潮を通わせるような多くの文人の残した書物です。なかでも永井荷風は最も重きをなしているようで、師とも友としているとあり、本書は彼に捧げるとあります。
私もこの著者同様に東京を歩く折に永井荷風を意識します。下町の侘しい陋巷のような路地裏に、荷風が描いた哀愁と心地よさ感じています。
その荷風の読んでその空気に浸るのも満足感はありますが、さらにこのサイデンステッカーの書によりよりその情景や成り立ちが明らかにされます。両者を対で読むのはお薦めかもしれません。
本書は大正の大震災までの区切りとなっています。著者が既に故人であるので望めませんが、それ以降の戦災まで、さらに復興から現代までを同様な語りがあればと思います。荷風には震災以降戦災まで、さらに戦後の東京と、それぞれ特色のある名作があります。

暗殺の幕末史 一坂太郎 著

ダウンロード

個々の事件として知っていることもこうして集めてその詳細が述べられると、幕末の動乱とは実に凄惨な暗殺史であったようです。
暗殺といってもその背景は様々であります。まずは攘夷思想が根底にある外国人の殺害。これは計画的なものから偶発的なものまで数々あります。
また井伊直弼から大久保利道までの要人暗殺。また尊皇攘夷から開国派または倒幕派もしくは公武合体派やらはてはその派内での主導権争い等。また為政者へのの復讐まで、様々な背景をもったテロが横行します。
そんなテロの実行手段のほとんどが刀によるところが戦慄をおぼえます。阿鼻叫喚の絵図といえます。それは暗殺されるのも悲惨でありますが実行者の多くもその顛末も多くは悲劇に終わっています。
明治の元勲である伊藤博文もそんなテロに加担した若き日もあったようです。それが満州のハルピンで暗殺の最後を迎えるのも運命的かもしれません。
どんな国の歴史においても大きな政変はありますがこんな幕末維新のようにテロが横行したのは例がないのではないでしょうか。しかもその手段が刀による惨殺とは他国にそんな例はみいだせません。
日本の歴史をふりかえれば鎌倉幕府以来の徳川幕府まで武家政権はいわば1000年以上にわたり軍事政権続いたと言えます。その長きにわたり培われた尚武の精神がこのような暗殺史を産んだのでしょうか。
さて明治維新の以後にも日本の歴史には血なまぐさいテロが見られます。昭和の戦前における国粋主義者や軍人による暗殺事件。記憶にあるところでは永田鉄山惨殺や血盟団事件など。また戦後においても浅沼社会党委員長の刺殺事件。また毛色の変わったところでは極左過激派による内ゲバ殺人もこんな日本史の流れなのでしょうか。
かつて50年程前「人斬り」という映画が公開されました。監督は五社英雄で幕末の京都を舞台に土佐勤皇党の暗躍をえがいた作品です。この本に紹介されている暗殺事件を圧倒的なバイオレンスでえがれています。特筆すべきは岡田以蔵を勝新太郎が田中新兵衛を三島由紀夫が怪演していました。

images