月別アーカイブ: 2020年4月

このコロナ禍の今

このコロナ禍の今誰が何を行っても正しき事は時が過ぎてしか判らないと思います。無責任な批判は誰にでもできます。そんな折にも影響力のある方の理解できない発言もあります。
それぞれがそれぞれの立場で今行う最善策を唱えますがそれは同一ではありません。
しかし今現在支持される発言はとにかく感染の拡大を防ぐが第一でしょう。しかし経済の減退や国の財政の逼迫を考慮に入れるべきと唱えるには勇気がいります。為政者はその両方のバランスを考えて実際の政策を行ってはいかなくてはなりません。
感染症による死者は当然憂慮しなくてはなりませんが、やがて迫ってくる経済からの死亡も頭にいれておかねばならないでしょう。過去のリーマンショック等から推測しそれが2~3万人にのぼるのではないかと発言もあります。あながち外れてはいないと思うのですが。

上海からマスク

 かつての従業員、上海在住の李さんから、「マスクを送りましょうか」と電話がありました。「まだ大丈夫だけど足りなくなったらよろしく。」と返しましたが嬉しいですね。
 10年程前に上海の李さんを訪ねた折に市場を案内してもらいそこで生きた食用動物を売る店も見ました。今回のコロナ禍もあんな市場が元凶かなと思いだしたりもしました。
 李さんに尋ねるとさすがに今は上海では市場で生きたままの動物の店はないそうです。しかしまだまだ地方では健在のようです。今回のコロナ禍で懲りてくれればよいのですが。
 ローカルな食文化が世界規模の災厄を招いたのはいかにも現代的です。
 20年ほど前にかづ屋で働いていた中国人に、子供の頃の食べ物がなくなるとお父さんがネズミを捕まえて料理してくれたと聞きました。かつては貧しさから家畜以外の動物を食べざるえなかったようですが、一方では珍味として多種の動物を食べる食文化が続いてきたようです。

コロナ禍

緊急事態宣言がだされたようです。
こんな時ラーメン屋の私はどんな行動をとればよいか考えました。
結論は安全を考慮しつつ営業続けるとなりました。
営業を自粛すれば従業員への給料にも影響がでます。なにより残業がなくなります。さら仕入れ業者への支払いも減少します。大袈裟ですが全体からすれば僅かかもしれませんが納税額もすくなくなります。小さくても経済を回せる所で回していかねばと考えています。
 営業中における注意として何より空間をあけてお客様に座っていいただいております。その為完全に満席になっていなくても外でお待ちいただく場合もあります。その際も間隔を空けていただいております。
 さらに通気も良くするように入り口のドア―は常時解放しています。気温も上がってきておりますので心地よさもあるかと思っております。
 何をすればどれだけの効果があるか判りませんが思いつく事はなんでもやっていこうとおもいます。

桜と春の雪

 お花見日和で忙しくなりそうな予想をしていましたが、知事の外出自粛要請をうけ寂しい週末に、おまけに春の雪まで降り始めてさらに静かな土日となりました。

 雪ふぶき サクラふぶきも 凍てついて

 春の雪 地につくまでの わたの花

 春の雪 明日の陽の目も 見ぬ命

 三島由紀夫の小説に「春の雪」がありますが、誠に春の雪は儚いものです。

DSC_0030

 翌日、桜は雪のわりには健在でした。蕾で耐えて咲いたのでしょう。
 目黒の区民センター近辺を散歩した折に写しました。
 しかしそのつかぬ間昨日は雨です。今年の桜は耐え忍ぶサクラです。

 寒き雨 耐えるサクラは 我が身かな