月別アーカイブ: 2018年5月

店内で携帯電話

携帯(電話)が(店内で)使えないなら(そう)書いて貼っとけ!
ラーメンを食べながら携帯電話で話している客に注意をしたところこんな言葉が帰ってきました。
私が、それは書いて貼り出す事ではない、と答えると、彼は怒りを表し食べるのを止めは割り箸を投げ捨てて会計をして帰っていきました。
できるならばはちゃんと説明したかった処ですがそんな雰囲気ではありませんでした。
店内で携帯電話の使わないのはマナーです。店の決まり事であれば貼り出しもしますが、マナーを守りなさいと書いて貼り出すのはお客様に対し僭越な事と考えています。
実際にはほとんどのお客様が店外で携帯電話で話すか、かかってきた電話には小声で手短に答えて通話を終わらせています。
貼り紙をすればそんなマナーの良いお客様の目にも入るわけで、まるでマナー知らない人が多い店ととらえられてもおかしくはありません。それはとても心外な事です。
来店されるお客様はマナーを心得た方が圧倒的多数です。しかし希にうっかり携帯電話で話し込まれいる方には声をかけさせていただいております。そしていつも快く了解していただいています。

ボナペティのサイトから


https://www.bonappetit.com/city-guides/package/tokyo

Tokyo_City_Guide_8
取材を受けていたアメリカの雑誌ボナペティのサイトから画像を拝借しました。
いつものワンタン麺とはかなり変わった印象をうけます。
我々が狙っているのは整然と調った丼の表面ですが、この画像では自然で猥雑に映っています。しかし匂いが立ってくるようなリアルさが食欲を引き立ててくれます。
かづ屋のワンタン麺の別の側面が表現されているのかもしれませんが、この辺りのほうが欧米に受けがいいのでしょう。
調った姿から料理のリアルさが伝わらないとする考えで崩しを加えながらの撮影となりましたが、それは意識的に作り上げたリアルさであります。ほんとうのリアルさを伝えようとするのであればいつもの調った丼が写されたでしょう。さてそちらでは欧米人の食指が動かされないのでしょうか。
近年になり日本食を外国の方にもひろまりなかでもラーメンはけっこうな人気でもありますが、感性の違いはまだまだあるかもしれません。しかしそも違いがあってこそ交わりの楽しさがあるとおもいます。