月別アーカイブ: 2018年4月

イタリア人にタリアテッレを作りました

DSC_1010
夜の遅い時間にイタリア人カップルが来店。
ワンタン麺と焼き餃子を注文し分けあって食べられた後、また違った味を食べたいといわれました。
そこで坦々麺をお奨めすると、自分はタリアテッレが好きだとおっしゃる。
それではと製麺室に入り切り刃を交換し薄い平打ち麺を作ってきました。
わざわざイタリアからネットの情報便りに訪ねてこられたのであればとサービス精神が沸き上がります。
これでタリアテッレの坦々麺を食べていただき満足いただいたようです。
そこでイタリアはどちらからとお訊ねするとアドリア海にめんした街ペスカーラからと。そこで私は若い頃バックパッカーとしてイタリアを旅した事を、アドリア海は船でギリシャへ向かった話しなどをして盛り上がりました。
外国語ができない私がこんな交流ができたのも、Googleの翻訳アプリのおかげです。
この技術は人類史的な事件ではないでしょうか。

タリアテッレが余ったので従業員の夜食をつくりました。
ポーチドエッグに肉味噌、玉ねぎにワケギ、芝麻醤に醤油ダレ、タリアテッレの台湾混ぜそばが完成です。

5年間の就労

勤めるのであれば5年は働いただきたいとは、独立開業希望者と面接をするさい常に述べている事です。しかし就労時に念書を取るでもなく口約束だけで何度か約束を反故にされた事もあります。しかしこれからも一筆取ろうとは考えません。やはり一緒に働くかぎり仲間には書面化しないと信頼関係ができないようでは残念です。
5年間働き仕事を覚えていきますがそれと共に開業資金をつくらなくてはなりません。その道筋もしっかりと指導し修行の成果を実らせる事が大切です。
給与は月に30万以上取れるように考えています。基本給は1日8時間労働で20万円ほどですが残業代分が月に10万円以上付くように働いてもらいます。実際に従業員は10時間以上の労働時間の毎日を送っています。それを多いととられる方もいるかもしれませんが、自身で店を運営しようとすれば12時間以上働くのは普通の事です。独立後にそんな毎日を楽々とこなすには雇われているときからそんな働き方であるべきでしょう。
また長時間労働であれば仕事のアフタータイムに遊びに行こうなどとは考えません。お金を使う時間も体力も仕事で費やせば月々10万円以上の貯金も無理なくできます。その結果年間120万円以上貯め、さらに5年もすれば600万円以上の資金ができる事になります。
またそれを定額の積み立て定期預金にすればさらに無理なく、お金がまとまります。 さらに融資を得ようとする金融機関を利用すれば信用がしっかりと付きます。
仕事に没頭してれば5年間はあっという間です。人生のなかでそんな一時期もあってもよいでしょう。

独立開業を目指す方を募集します。

従業員募集を張り出して随分となりますがいまだ確たる手応えがありません。貼り紙をみてウンウンとうなずいている方もいますが、それが募集に興味があるかは疑わしく、「なるほど人手不足なんだ・・・」とか「ところで誰が辞めるかな?」などかもしれません。そこで応募の方が現れるようにこのブログからも呼び掛けてみます。
働く側にしても我々にしても独立開業を志望であればより意義があるといえます。働く方にすれば生活の糧を得るだけよりも、大きく飛躍する手段として就労であればより働き甲斐があります。また将来的に覚えたことが自分自身の為になるとわかればより前向きに仕事にむかえます。
さらに、独立開業をめざして就労するのであれば出来るならば資金をもっていない事が好ましいでしょう。なぜならお金を貯めようと一定期間は勤めなくてはいけないからです。開業資金がすでにあれば早く開業しようとして就労期間を短く済まそうとします。その結果修行期間が短くなり未熟なまま開業してしまいます。また技術だけでなく店の運営における様々な経験は大切です。レシピだけ判ってもレベルの高い店作りとはなりません。
また我々としても仕事を覚えて店に貢献していただかねば雇う意義もないかもしれません。
そんな事を考えて5年は勤めていただきたいとところです。
これは私が たんたん亭にて足掛け6年間勤めた経験からも裏打ちされています。私も開業資金がゼロから初めて就業期間の間にまとまったお金を貯め、それを元手に銀行からお金を借りて創業をしました。その間にかけがいのない体験の数々をさせていただき技術と資金の両方を手に入れることができたといえます。さらにはたんたん亭のお客様と接し信用を得、かづ屋の常連につながる流れをつくっていただきました。
今までの就労者をみてみるならば、既に幾ばくかの資金をもって入ってきた方はあまりいい結果にはなっていません。
独立開業を目指すのであれば”お金はなくとも健康な身体の持ち主”こんな方が最適なのかもしれません。