月別アーカイブ: 2016年6月

下目黒日録 6月28日

気がつけば開業記念日。何かイベントでもと思うまもなく過ぎてしまいました。
足掛け28年目に入りましたが余裕がないのは続いています。
開業30周年には何か記念行事を執り行いたく思っております。
その時までには色々とゆとりを作るべく現在を励んでいます。

下目黒日録6月25日

昭島のかづ屋が閉店するそうです。
知らせてくれたのは元従業員の内山君です。賃貸店舗を探している際に造作譲渡物件として見つけたそうです。さっそく昭島のかづ屋を営んでいる張君に電話したところ今月いっぱいで閉めてしまうそうです。
実情を問えば売り上げが芳しくないそうです。
頑張っていると思ってはいましたが幾つもの不安要素はうかんでいました。
そもそも張君は 独立開業など語ったりはしておらず、おのずと補助的仕事ばかりを与えられていました。しかし共に働いていた独立志望の従業員はどちらかと言えば仕事を下に投げるタイプだったのでそれはそれで張君には願ったりの状況だったようです。とは言え独立を考えればまだまだ足りない技術があったと考えられます。
また張君が中国人であるのも不安もありました。かづ屋の味は日本人の感性に深く根差しいるだけに彼が何処まで理解していた疑問でもありました。
とにかく残念な事になりました。

ふるめん@六本木

DSC_0523

かづ屋に納入の昆布屋さんと著名な和食の調理人の方が立ち上げたラーメン屋です。
店のスタイルはランチタイムはラーメンを主に、夜は居酒屋となりラーメンで締めるとなるようです。私的には夜の居酒屋は大変そうに感じておりますが、その辺りはこなれていらっしゃるのでしょう。
醤油ラーメンをいただいてみれば流石に高い完成度のスープです。麺は太め固めで加水低。淡麗な醤油味には意外な組み合わせですがそれも狙いの内でしょうか。
卓上に胡椒などの調味料を置いていません。自信の現れかと店を仕切っている昆布屋さんに聞けば、未だ迷いもあるそうです。
それを含めてまだまだ試行錯誤の途上にあるそうです。開店して1ヶ月も経っていないので無理もありません。

麺屋 悠@大久保

DSC_0519
山内君のお店が開店しました。
たんたん亭とかづ屋に繋がる店ではありますが独自の味も提供とあるので辛味噌ラーメンをいただきました。
食べたのは最もマイルドな味ですが”辛”と付ける程ではないのでは、もう趨段階上がマイルドの設定でも良いかとおもいます。これからの暑い季節を辛味噌でタップリ汗をかくのも醍醐味かもしれません。
本人の弁によりますとインパクトを出しすぎるのにためらいがあるそうですが自信をもって打ち出してほしいですね。
さて次回は伝承の味、ワンタン麺を食べに来に来ることにしましょう。

状源郷@横浜中華街

DSC_0513
調味料の買い物に中華街へ行ってまいりました。
せっかくですので昼食は台湾料理の老舗の状源郷にて排骨麺を食べました。
台湾名物のこの麺料理は都内においても提供される店はありますが本場とは少し異なっています。
渋谷は亜寿加の排骨麺も好きですが味噌ラーメンや担々麺と一緒になっており本場とは違うおいしさです。
注文すると調理場からバリバリっと肉を揚げる音が聞こえてきて期待が膨らみます。さる店において揚げ置きした排骨麺に苦い思いをした事があるので、本来はこれではとの思いがあります。
出来上がりを見れば排骨は別皿となっています。スープに浸されすぎず揚げたての香ばしさを維持しながら食べるようにの配慮なのでしょう。お店の狙い通りの美味しさを味わいました。ご馳走さま。

下目黒日録5月29日

DSC_0515
中国の厦門から元従業員の陳くんが来てくれました。
今回も仕事での来日ですが奥さんも同伴しており私達とは初お目見えとなりました。
陳くんからお土産も沢山いただいたのですが、上海在住の元従業員李さんからのことずかったお土産もありました。
その品が福建省武威の岩茶の最高峰である”大紅抱”です。かつて歴代皇帝から毛沢東にまで愛飲された銘茶ですが、その原木からの収穫は僅かなのでその子か孫か曾孫辺りの品とおもわれます。そうだとしても高価で貴重なお茶である事は確かです。
さっそく煎れて陳くんからのお菓子と共に皆でいただきました。