月別アーカイブ: 2011年8月

麺の味わい

161.JPG
 
昨日夏の挨拶がてら師匠のラーメンをいただいてまいりました。
 相変わらず美味しいですね。スープはもちろん麺も自家製ではありませんが私の好みです。
 一昨日はさるラーメン集合施設にて連食しました。はなから二杯もた食べようなどとは考えてはなかったのですが、最初の店で半分も食べられなかったので次の店となりました。
 どちらも今流行りの店です。スープはそこそこいける味でしたが、どちらも麺が私が美味しいと考えるものとはかけ離れていました。
 今時良く見受けられる麺は、加水低めで太め、さらにゆで時間短め。こしのある味わいにしたいのでしょうか。出来上がった麺か固くぼそぼそしています。それはけっして麺の腰とは思わないのですが。
 そこで私が好きな麺とはどんなものでしょう。まず口にいれると滑らかな触感があり口の中をを滑るように流れていきます。その一部を歯で捕らえ軽く噛みこんでいくとすこし押し返すよう弾力があります。しかしあまり抗うこともなく噛みきれます、さらに切れた反動で切れた端がプルンと跳ねます。あたかも麺が軽くステップを踏んでいるように小刻みに動きます。こんな触感だけでも麺食の楽しさといえます。
 さらにはスープの絡みが良く麺にうま味が適度に浸み込むとよいでしょう。一般には腰を求めるあまり味の絡みがいまひとつの麺が多いかと思うのですが。
 このあたりが私の好きな麺といえるでしょう。また麺作りで目指している方向でもあります。

赤い靴

%E8%B5%A4%E3%81%84%E9%9D%B4.jpg
ブラックスワンではバレエシーンに食いたらなさを感じたので期待して観にいきました。
1958年製作の映画を最新技術で蘇らせました。私の好きな監督マーチンスコッセッシが監修にあたったとか。
みごとな映像です。特に人肌が綺麗で、顔の表情が生き生きとしています。
物語はつくりは古さを感じますが、バレエシーンは圧倒的です。
新作バレエ 赤い靴の主役に抜擢され、みごとその大役を大成功させたヒロインは同時に作曲家との恋に落ちます。そんなヒロインにバレエ団長は芸術か恋かどちをとるかとせまります。
その狭間でヒロインは破滅への道を歩むことになります。
とここで思い出したのはブラックスワンの主題。主人公は役作りのためもっと奔放さを監督から求められました。かたやここでは芸術を作り上げるために禁欲的な生活を要求されます。
まったく方向性の異なる考えかたですが、どちらも説得力があります。語られつづけるテーマでしょう。