カテゴリー別アーカイブ: 休日

鎌倉雑感 2

%E9%8E%8C%E5%80%89%E6%96%87%E5%AD%A6%E9%A4%A8.JPG
 暑い時期が過ぎるのを待っていました。
 今回のお目当ては鎌倉文学館。しかしながら休館中でした。新しい企画展のための準備だそうです。残念です
 門から本館に向かうアプローチが深い緑に導かれているようで魅惑的でした。
 来週にもまた来てみようかと思っております。企画展な実朝がテーマだそうです。
%E9%8E%8C%E5%80%89%E3%80%80%E6%B4%8B%E9%A4%A8.JPG
 街中のそこここ古民家や洋館を見出すのも鎌倉めぐりの楽しみのひとつです。
 文学館の近くの住宅地で見かけました。
 関東大震災以前の洋館です。中を見られるようにはなってはいませんでした。整備してギャラリーとかカフェなどにすれば建物の生気が甦るとおもうのですが。
%E3%81%97%E3%82%89%E3%81%99%E4%B8%BC.JPG
 お昼ご飯は近くの定食屋にて「しらす丼定食」。とっても美味しくいただいたのですが、カウンターの前に埃がたまった一角がありました。おなじ飲食業者として放置できずウエットティッシュで掃除しておきました。ティッシュの汚れた部分を上にしておいたので気がついたかな。来週また行ってみようとおもいます。すこしばかり老婆心と自分でも思っておりますがついやってしまいます。
%E9%8E%8C%E5%80%89%E3%82%AE%E3%83%A3%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%83%BC.JPG
 今日のもう一つのお目当て「食卓は宇宙」作家の食器展in鎌倉/長谷。
 前回北鎌倉で偶然のぞいてみた企画展で記帳したところ案内を送ってきていただきました。
 今回は築80年の古民家ギャラリーが会場です。北鎌倉のモダンな洋館と随分と雰囲気は異なりますが、座敷と茶碗の取り合わせが自然でした。
 会場には主催者のおひとりもいらしておりしばし歓談させていただきました。
 お話していただいたのは八巻元子様で、季刊誌「四季の味」の元編集長であらせられた方です。
 季刊誌は会場にも見開かれており、陶芸作家の紹介をしておりました。手にとって中身を読ませていただきましたが、料理雑誌ではありますが器にたいしてもしっかりと記述され、写真もきれいでたいへん興味をそそられました。こんど購入してじっくりと見てみようと思います。
  そうこうして小さな庭に面した縁側にてお茶もいただき、すっかり和んだ時間をもちました。。
 

鎌倉雑感 1

%E5%90%89%E9%87%8E%EF%BC%92.JPG
鎌倉雑感 1とあるのは 2,3とあるかもしれないのでこのようにしておきます。
バイクで90分程で着いてしまいます、余りに近いので少し拍子抜けの感もあります。
歴史への興味から訪れる機会をうかがっていました。今まで何度となく来たことはありますが、自分だけの時間としては始めてです。
今回は最初ですのでまずは源頼朝の墓参りから。鶴岡八幡宮の東側、かつて幕府の館があった場所、北の山肌に面して、階段を数十段あがると木々に囲まれた僅かな平地に墓石があります。源家の棟梁にして武家政治の確立者のそれにしては規模も小さく簡素な造りです。日光東照宮が家康を祭ったものと考えるならばその差はかなりのといえるでしょう。鎌倉幕府における源家が三代で潰えた故かそれは解りませんが、少し淋しい感じがしました。
%E5%90%89%E9%87%8E.JPG
 ここ鎌倉は京都と同じように飲食店も美味しく趣のある店がそこここに点在しています。
 北鎌倉、東慶寺に隣接する喫茶店吉野は実に落ち着けるお店ででした。店内は少し灯りを落としおり、広い窓をから庭のしっとりとした緑と柔らかな光を感じることができます。
また上品な接客は初めて訪れた者にも安らぎの一時をもたらしてくれると思います。
ここで珈琲を飲み小一時間ほど友人へのメールを綴ったりして休みました。
またおじゃまをさせて頂きます。
%E5%99%A8.JPG
品のある住宅地の意外な場所にギャラリーなどがあるのも鎌倉らしさかもしれません。
北鎌倉駅から南300メートルほどなだらかな坂道を登った邸宅の「食卓は宇宙」と題した陶器展を覗いてみました。面白い試みと思えたのは、作品とともにその作品を使った料理とそのレシピを綺麗な写真いりのポストカードにしつらえていたところです。器は料理を盛ってさらに映えると言うことですね。大いに賛同するところです。

「永遠のモダン」重森未玲

025%20-%20%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.JPG
 久々の休日、日帰りで京都にいってきました。
 お目当ては枯山水の庭を現代に甦らせた作庭家杉森三玲の旧宅。
 庭の鑑賞は予約制で日に数回に分けておこなわれていました。私の回はは観覧者は3名で、作家の縁者の方に案内と解説をしていただきました。
 当日は昨日からの雨が朝のうちに残り、午後の空模様も不確かな曇り空の一日でした。しかしかといって光は弱くはなく、ものの色合いを観るにはちょうど良い天気だったようです。
 案内を受け潜り木戸が開けられて、まず目に飛び込んできたのは杉苔の鮮やかな緑でした。そしてその緑に映えるように石が据えられていました。石にはどれも存在感が強くありますが、どれも浮き上がったところもなくみごとな調和を形ずくっています。
 石はそれぞれ主張をもって据えられている様にみえますが、隣接する石との関係や全体として考えたり多様な鑑賞をさせてくれます。
 また一日の時間の流れや、季節の移ろいゆくなかでこの庭は色々な美しさを見せてくれることが想像できます。ここを生活の場とするならばさぞ心に豊かさを得ることができるでしょう。
 枯山水という様式は室町期あたりから作られてきたにわですが、いまここで目にしているものの新さには驚かされました。これは出来上がったばかりの新しさではなく、趣が前衛的ということです。
 作家が目指したのが”永遠のモダン”という言葉であらわされています。これは私が日々作っている支那ソバと相通ずるところかなと考えています。

休日

%E4%BD%9C%E6%A5%AD%20056.jpg
半年ぶりの休日です。デイズニーランドへ行ってきました。
スプラッシュマウンテンに乗り 滝壺に突っ込んでいる図です。
五歳になる娘は大はしゃぎです。わたしはめがねが曇って何がどうなっているのかわからない状態。後ろの席の妻は恐怖のあまり顔をおおってしまいました。