個人営業の店が絶対に敵わない・・・・・

href=”https://zuuonline.com/archives/213930″ target=”_blank”>
先日、川田利明氏のラーメン屋「麺ジャラスK」にうかがいましたがそれに先立ってネット上で氏の著書の抜粋を読みました。そこにはラーメンビジネスの難しさが体験を踏まえて切々と語られています。特に大手チエーン店との競合の難しさが具体的事例でもって語られています。そのあたりはおおいに共感できるところであります。
しかしそれでも大手チェーン店と渡り合っていく方法はあります。小規模経営の店が相手と渡り合うには我々でしか出来ない事をするしかありません。それを端的に言えば職人仕事を高めていく事です。
それを実行しようとすると自家製麺はかなり有効と考えます。製麺のポイントは粉の選択と加水量な熟成などありますが、自家製であれば特徴的な小麦を使い個性ある麺がつくれます、また熟成も自分の好みでそのポイントを得られます。加水量もスープとの相性や天候など考慮しながらかえられます。どれも職人的熟練が決めてとなる仕事です。
先日、「支那そば小むろ」で思った事ですが、薬味のネギの切り口が絹目のように舌ざわりが良い、これはよく切れる包丁で手切りしないと味わえません。こんな職人技術が大手チェーン店のラーメンと異なるところです。
こんな小さな事を積み上げて大手チェーン店との違いをだしていくべきでしょう。
そんななかで絶対にしてはならない事は価格競争です。これだけは逆立ちしてもかないません。もしもこれにはまると自滅の道しかありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>