無愛想

東京に住み始めた当初は飲食店等の接客に馴染めぬ処がありました。無愛想でどこか気取っているようでなにか若造の私が見下されているような。しかしなにか問題が起こったりすると意外と親切であったり気が利いていたり、大抵は皆さん優しいお人柄であるようでした。
人がもつ距離感は人それぞれですが、初対面や接客などの場合など相手の距離感が図れない場合は少し開けるのが無難で、また相手方を尊重した姿勢といえます。東京人の接客の底流にはそんな空気があるのでしょう。
かたや関西方面であればいきなり距離を縮めるのがご当地流なのでしょうがそれはそれで良さもあるのでしょうが馴染めぬ人もあります。
かづ屋に寄せられる声に無愛想だとあるのがあります。さらに笑顔がないなどもあります。私は従業員に対し愛想よくしろとか笑顔を振りまけなどと要求はしていません。
人はそれぞれの特性で簡単に笑顔を作れたり作れなかったり。歌が下手な者に無理に歌わすのは酷な事です。今の男性スタッフはどちらかと言えば歌が下手。そのかわり女性スタッフは笑顔と愛想が良いので評判も上々です。
ここ数十年の変化で、ファストフードや大型チェーン店が増え、マニュアル化した接客が世に浸透してきました。その中で笑顔の接客も定番化しているようです。私にしてもどちらかと言えば笑顔で迎えられるほうがよいですが、あまり意味のない笑顔で迫られて困惑もしますし、なによりも相手の笑顔に仏頂面もなんですのでこちらも笑顔でかえせばなにか罰も悪い感じがのこります。
今となり私的には東京人の接客は心地よく感じております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>