天寿@高輪台

%E5%A4%A9%E5%AF%BF.JPG  
 ここもご主人が仕込みから全ての作業をこなされるお店です。
 今は天ぷら屋さん自体がすくなくなっています。カンター越しに仕事を眺めながら、揚げたてを食べられる、こんなお店も希少です。
 ご主人は年期の入った職人さんです。オリンピックまで頑張って外国人に本物の天ぷらを味をふるまってもらえばとお願いすると、すこし宙をにらみ考えた後に無理と答えられました。しかし続けてもらいたいですね。
 私がお邪魔するのはランチタイム。いつも1時半位までの短い昼営業に滑り込むように入ります。そしていただくのは決まって1000円の天丼です。揚げたてを盛り付けタレを回しかけ、本の数十秒蓋をします。天丼はこのすこしの蒸らしで全てが馴染んで完成すると考えます。そんな天丼を食べすすめば、蒸れてしっとりした衣と未だカラリとしている衣がそれぞれの味わいで頂けます。ご飯やネタとの絡みもそれぞれが独自性を保ちながら調和しており、変化に富んだ楽しみが持続します。
 本日は妻を連れて行ったのですこし奮発して1500円の天丼にしました。具沢山で私的にはすこし贅沢かなとおもわれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>