下目黒日録 10月24日

 食品産地偽称は時折ニュースとなります。最近では有名ホテルのレストランにてメニューが偽称された一件が報道されています。
 そもそもが名のある店であれば安い価格設定はしていないはずです。それをさらに特定の産地や、食材が天然であるなどの希少性でさらに高い料金を取られるわけです。たぶんこんなお店はサービス料金などもかかりそうです。となると三回料金の上乗せがある事になります。高いはずです。
 料理人の立場から考えると随分とプライドを傷つけられる行為です。調理をしていれば食材のブランドでは美味しい料理は出来ないのは充分承知しているはずです。
 客の立場として考えるならば、メニューにそんな付加価値をのせた記載があるといきなり懐疑的になってしまいます。そして調理人か経営者かどちらにせよ技量に自信がないのを推測してしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>