ベント エ マーレ@不動前

%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%88%E3%80%80%E3%82%A8%E3%80%80%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%AC.JPG
 かづ屋から歩いて10分足らずの距離、桐ケ谷通りに面したピッツェリア。ロケーションとすればこんな店が出来るとは思えない所です。
 一昨日の「ダ ミケーレ」が完全にナポリ仕様だとするならば、日本的アレンジはどのあたりか、つい探りたくなります。
 まずボリュームのの違いについて。サイズもそうですが質感も軽めに感じました。それはあくまでもナポリ仕様との比較において言えることで、日本で提供されるのであればど真ん中なのかもしれません。
 「ダ ミケーレ」の量の多さを考えた場合、お腹への収まり具合としてよりも単一な料理を飽きずに味わえる限界こそ問われるところでしょう。ナポリの人々がピッツアに求めるところは我々が大盛りつけ麺を食べる同じような感覚なのかもしれません。単一な味をたくさん味わうことは飽きが訪れるというよりも、その単一の味を長く味わうことの方に喜びがあるのかもしれません。
 味わいを述べるならばトマトソースは若干酸味を残しておりしっかりと主張しています。生地の塩分はあまり感じられずソースとのバランスをとっているのでしょう。オリーブオイルはしっかりかかっておりコクと風味を醸し出しています。
 そんなことを考えながら食べて来ましたが、充分満足のいく一品でした。ごちそう様でした。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>