喜楽の麺 @渋谷

%E5%96%9C%E6%A5%BD%E3%80%80%E4%B8%AD%E8%8F%AF%E9%BA%BA.jpg
山本益博の東京味のグランプリにおいても、ここ喜楽は高い評価を受けていました。
私にとってはここの中華麺はたんたん亭に入る以前、二十歳位から食べていた馴染みの味でした。
甘みのある醤油味のスープに揚げネギが浮かび腰のある平打ち麺が特徴です。
実は結構ここから影響を受けかづ屋にて実行していることがあります。
まず揚げネギです。ここ喜楽では自店にて実際に揚げた物と台湾からの出来合いの品をミックスして使っているそうです。ラーメンにはあらかじめ揚げネギは入っており、その辺りはかづ屋と異なります。
ここの平打ち麺をかづ屋でも出せないかと模索したこともあります。まず製麺所を特定し直接そちらにおもむき麺を仕入れたい旨を伝えたことがあります。その製麺所は杉並区にある丸吉製麺で、かなり年配の御夫婦だけで作っておられました。私の願いに二人だけでやっているからとてもそちらまでは手が回らないと断られました。しかし親切な御夫婦は私の熱心さにも絆されて色々ご指導をしていただきました。その中で教わったのが今かづ屋で主力として使っている「牛若」と言う小麦粉です。
十数年前の話です。あれから喜楽で使われる麺が変わったところを考えると、すでに廃業なされたと察しております。あの当時でかなり御高齢であったことを考えるとならば仕方ないことです。
 お店には今でも時々うかがいます。30年も通っていればお店の方には私の顔を覚えて頂いてきたいるようです。しかしながら私が同業者であることはいまだに語ったことはありません。べつに隠すつもりないのですが機会が無いまま年月が経ってしまいました。まさか私が喜楽よりヒントをいただき、揚げネギを作り、牛若を使っているとは先方さまは考えもつかぬところかも。これから先自らの正体をあかす時が訪れるのでしょうか。

喜楽の麺 @渋谷」への1件のフィードバック

  1. ミラーマン2号

    この記事をみてまた行ってしまいました
    実家は横浜ですが 博多に転勤して35年
    こちらの記事ただけで懐かしい味思い出してしまって どうにもこうにも飛行機とって行ってしまいました
    やはり美味いっすねー
    揚げネギの香り もやしのシャキシャキ感
    2麺目はチャーシュー麺にしましたが
    バランスとしてはノーマルの中華麺がパーフェクトでした
    今度は大盛りにしてみます
    いい記事 ありがとうございました

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>