英国王のスピーチ

%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%81.jpg
ここ目黒はスクーターを15分もはしらせれば なにかしら興味をひく映画が見られる場所です。先週に引き続き自分だけの映画鑑賞。
今回はアカデミー受賞作「英国王のスピーチ」を見てまいりました。
時は第一次大戦後、第二次大戦のおこるまでの戦間期。
吃音というハンデキャップをもった英国王が、それを克服し国民に立派に語りかけるまでの人間成長ドラマです。
みどころは、王の治療を担当する言語聴覚士との交流。はじめは受け入れがたい関係もしだいに信頼関係を深めるにつれ、治療が実を結んでゆきます。
20世紀における国王の役割はかつての専制君主とはことなり、立憲君主としての制約と職責に縛られています。さらにはメディア発達にともない、かつての君主としての資質とは異なったものが要求されるようになりました。
この映画は不本意ながらも自分の適性とは異なる立場に立たされた男が、勇気を奮い起こして自己変革に立ち向かった真実の話です。そして見るものに勇気をあたえてくれる映画でです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>