月別アーカイブ: 2021年3月

ゲンロン戦記   東浩紀

51WN470pU-L._SX315_BO1,204,203,200_
著者の本来の仕事である哲学、批評の書籍は読んだ事はありません。若い頃から雑誌「現代思想」の類な小難しい本はあまり読まないので著者の名も知りませんでした。
しかし知の新たな発信スタイルを模索した10年の軌跡を興味を引き、ゲロ戦記をもじったゲンロン戦記なる題も親しみが湧きました。
哲学者、批評家と呼ばれる著者が会社を興し、出版、講演、ネット配信、旅行企画など新たな知フィールドを興していった記録です。
そこでは従来であれば起こり得ない「誤配」に著者は注目し、間違って届けられたり届いたりしたメッセージから新たな知がうまれる可能性をみいだしています。それはスクールの講義以外の長いトークであったり、スクール外の飲み会が「誤配」を生む場になっているようです。
また著者は「観光」からのアプローチにも新たな可能性をみいだしています。それがゲンロンが企画したチェルノブイリ観光などを例として報告されています。
従来のアプローチ、たとえば広川隆一の取材などでは「想像と現実」が揺らがないメッセージがみられます。反原発で放射能被害を告発する取材をした者の文章には、いくら現地人の取材をしその生活をレポートしても最後には「死の大地が広がっていた・・・」という文言が繋がっています。
そこで観光客として現地を訪れ、人と触れ合い名物料理を食べ、お土産を買う、実際科学的にはいかほどかわからないが兎に角そこには生活者の生の姿があります。
想像してみたのですが、このゲンロンに集うであろう人々の多くが目指しているのは”知のプレーヤー”なのかもしれません。しかし従来の”知のプレーヤー”からは「想像と現実」が揺らがない広川隆一のようなメッセージが発信されがちといえます。そこで「誤配」「観光」なるアプローチから従来の”知のプレーヤー”と異なる可能性が生まれるかもしれません。

同時進行ドキュメント 長田君の開業4

DSC_0325
長田君が独立開業の予定です。それに伴い欠員を補充します。
詳細は面談の折としますがこのブログにおいてどのような人物が応募してほしいのか私の考えを述べておきます。
応募される方には将来的に独立開業をしてかづ屋の先輩方に続く志をもっている方を望みます。さらに独立指向でありながらも技術も資金も持ち合わせていない方がさらによいと考えます。そんな条件で5年後の独立開業を目指しています。
技術を持たない方を望んでいるにはその理由があります。ラーメン作りは特別に複雑であったり難易な技術ではありません。肝心なところは日常生活での習慣が几帳面であること。また食に対する興味があり探求心があること、これらがしっかりとあればラーメン技術習得は難しくありません。逆に調理の経験がなまじあったとしても、仕事に安易な慣れやスレがあったり、技術に自惚れがあれば、我々がいくら指導をしても満足のいく成果はでません。
それらを考えれば、未経験者で素直に指導にしたがってくれる人物が望まれます。
次に資金を持たない方を望むのはなぜか。
かつて何人もの従業員を見てきて、開業資金は持っているのでかづ屋のノウハウだけ習いたいと考えて就労した者の多くは良い結果が出ていません。例外もありますが、果たしてラーメン屋を開業して幸せになれたかと言えない例が幾つもあります。
そんな結果となるのはなぜでしょう。まず資金があれば出来るだけ早く開業しようとします。ノウハウさえ判れば開業した後に技術を向上させればよいと考えているのかもしれません。しかし肝心な事は技術の習得には反復が必要とされる事です。お店とはいつも順繰りと同じ忙しさが続く事はありません。逆に極端に入客が集中したり全く入客がなかったりするものです。どんな状況であっても品質の高い仕事をするのは熟練者にしかできません。忙しい時間帯をこなすのが難しいのは多くの方に理解が出来るでしょう。暇な時間帯の仕事の難しさは実際に体験しなければ判りません。
昨今の情報伝達の速さは飲食業に以前と異なった状況を作り出しています。店の開業の情報は予想以上に広まります。そこで開業後のラッシュはいきなりくることは間違いありません。そうなれば開業の段階で味づくりや調理や接客の技術は完成されていなくてはなりません。しかも新店舗の情報の発信は多くのお客様によってなされます。開業後に直ちに店の評価が下されてしまいます。そこでもしも低い評価が広まり入客減るとこれを挽回するのは容易ではありません。入客の少ない飲食店は独特の難しさがあります。料理は提供するタイミングが命です。せっかくうまく仕込みがされていても美味しさが保たれる時間は限りがあります。的確に仕込みをせねば仕込んだ食材は劣化します。上手にこなしていくには熟練が必要です。
かづ屋から独立開業を目指す従業員には資金の貯め方借りかた使い方も指南します。給与も5年働けば開業資金が貯まるだけ出します。
5年をかけて資金を貯める事は忍耐や自制心を必要とします。それ故に資金が貯まると同時に精神力も養われます。こうして培った力の意味は経営者となったときに知る事になります。
独立開業は自分で貯めた金で行いたいものです。そしてラーメン屋を始めるならばラーメン屋で稼いだ金で行いたいものです。

弘道館@水戸

DSC_0324
梅の花が見たいと家族に促されて水戸に行って来ました。
水戸へ行くとなれば尊皇攘夷を思い浮かべ、水戸藩校の弘道館にも足を運ぶことにしました。この言葉を最初に唱えたのが第9代水戸藩主徳川斉昭といわれていますがが実のところは藤田東湖であるようです。ともあれ弘道館の教育の根幹には大日本史と尊皇攘夷ありました。
幕末の水戸藩には血生臭さが付きまといます。天狗党の争乱、水戸藩士が多く参加した桜田門外の変、戊辰の役における弘道館戦争。どれも熾烈でありまた敗者の処罰は過酷でありました。
明治維新が語られる際、西国雄藩は大きく取り上げられてはいますが、その先導者であった水戸藩その役割ほど語られてはいません。
外国人等には理解し難い話でしょうが、旧体制の徳川幕府を打倒した思想の発信地が徳川一門で、その最後の将軍慶喜はその提唱者である徳川斉昭の子供である。日本史の特異な点でしょうか。
また尊皇攘夷もその熱狂的な広がりのわりに、その攘夷の非現実性を理解するやいなやそれを外し尊皇の旗だけを掲げる変わり身の早さ。尊皇攘夷の熱気を使えるだけ使い、勢いがついた時点で攘夷だけ外してしまうその見事さは、近代化を難儀した国からすれば羨ましく見えるかもしれません。しかしその際どい変わり身も、幕末の水戸藩がたどった血生臭い軌跡があります。
こちらに伺って新たな知見がえられた事が幾つか。江戸開城後に慶喜が恭順したのはこの弘道館だそうです。もっとも藩内抗争が収まっていなく、早々に駿府に移動はしたそうですが、鏑木清方の描いた「慶喜恭順」の舞台はこちらです。
烈公斉昭は藩主になるのは30歳過ぎてです。それまで将来の約束のない部屋住みみを経験していました。その間に文武の習練に励んでいたそうです。これは彼の政敵である井伊直弼の境遇と同じといえます。両者とも室住みの時代を無為に過ごさず文武に励み、藩主の地位につくなり思い切った政治を行ったようです。
keikikyojun

吉田博 「精華」 東京国立博物館

seika
東京都美術館で開催中の吉田博展が評判です。まだそちらは観てませんがこちらには油彩画が展示してありました。著名な作品とは少し趣が異なりますが巧みな技工は目を見晴らせます。
明治期の油彩画は画面が暗いのが多くみられます。そんな描き方をしているのか画材の質か保管方法なのか。それらと異なって画面は明るい光が溢れています。
裸婦とライオンとなる異様な取り合わせですがその物語はどんなものか。旧約聖書で似た話があるそうですが、そちらでは若い女性ではないようです。
LL_477

本館の東側にある東洋館では明代の絵画の展示がありました。
朱端「寒江独釣図」
雪の積もった水辺で一人竿を垂らす隠者の図はシナ伝統の隠遁の境地です。しかしその静寂を描いた画面も近くに観れば筆触の荒々しさが見られます。また山塊も立木もうねるような曲線で描かれています。以外と釣り人の心情はこんな自然と同調しているのやもしれません。
これは15世紀頃より興った折派の流儀であるようです。