月別アーカイブ: 2019年2月

街中華散歩「中華料理十八番」浅草

DSC_1169
合羽橋の道具街から数分の距離、年季の入った外観の街中華です。
Googleマップで検索すれば随分と評判の良いおみせがこんなに近くに。合羽橋はよく来る場所です知りませんでした。ネット社会のおかげで味巡りも楽しくなっています。
いただいたのは”ニラソバ“700円。柔らかくなったニラがコッテリとしたスープと馴染みます。
時間は1時過ぎ、そう広くない店内は客で混み合い、狭い厨房には壮年の巨漢が二人、麺あげと鍋ふりを。創業が昭和30年代とありますから創業者ではなく代替わりが済んだ店のようです。どこの街中華も後継者問題がありますが此方は上手くいっているのでしょう。
美味しく食べ終わり帰り際に、
「丼は台の上に上げときましょうか?」と厨房に問えば、
「いえ、そのままで、お気持ちありがとうございます。」とことのほか優しい口調で、
そしてレジにて会計の際に年配のお店のご婦人に、
「安過ぎますね1000円とってもおかしくないですよ!」と言えば、
「そう言っていただき嬉しいですね、ありがとうございます」と返していただく。
一見の私にも温かく接してくれる下町の街中華でした。P_20190130_130142
中華料理十八番
〒111-0035 東京都台東区西浅草2丁目18−7
03-3844-0108

https://goo.gl/maps/HMe2JCyoMcT2

「たんたん亭の系譜」補足5

残念な話がいくつもありましたが、共通しているのは実力も伴わないないで開業です。
毎年沢山の店が開業してそれと同じ数だけ閉店しているのがラーメン屋です。新規参入障壁が低いのか安易な開業が多いようです、そして当然のように廃業する店も沢山あります。その結果新しい店が増えているようでラーメン屋の総数は変わりません。これから開業を志す方はそんな現実をしっかり把握しておくべきでしょう。
少し冷静に考えてみるに、そもそも生活を成り立たせる仕事がそんなに容易であるわけではないはずです。多くの業種においてちゃんとした稼ぎを得るまでには、例えば各種学校で専門教育を受け、また就業したならばそこそこの年月で経験を積み、そうして初めて人生を全うするだけの収入を得られるわけです。それがラーメン屋に限ってレシピを知った程度で真っ当な稼ぎが得られると考えるのは間違いです。
私は、かづ屋での就業を希望するならば5年間働く約束してもらっています。しかしそんな口約束を簡単に反古にし開業に向かう者もいます。このブログに述べた事は口頭でも伝えていますが、それでも安易な開業に向かうのは、自分は特別と考えているのかなにか秘策でもがあるのか、どちらにせよ私には理解できません。