月別アーカイブ: 2015年12月

下目黒日録 12月31日

1451569618269
本日は年に唯一の休業日です。
そこで私は床洗いとワックスがけを行いました。大掃除は粗方従業員が済ませたので仕上げは独りでこの作業です。
掃除の成果が最も目立つので一生懸命になります。
終われば清々しい気持ちとなり、さて新年を迎えるかとなりました。

下目黒日録 12月30日

1451488872349

本年の営業は今日までです。
そして例年のとおり掃除を終えて忘年会となりました。
今回は嬉しいことに小室君も参加してくれました。
彼の店も開業し一年を経過しましたが、私が予想していたとおりの成果が現れています。地元に受け入れられ、メディアに取り上げられられ、それが売上に結び付いています。
本人は不安もあったでしょが、私は五反田店の店長を務めた実績は当然この結果を生むと信じていました。
さてこうなれば次の段階への模索も始まり従業員を雇うのも視野に入ってきます。
そんな話題に本日出席した従業員は興味津々といった処でした。

下目黒日録 12月1日

本日より価格を改定させていただきました。
お客様には申し訳なく思っておりますが、店の財務状況が厳しくなっており、改善せねば今後たち行かなくなる可能性もありこのような方針を取ることになりました。
毎日のお店の営業にはしっかりとお客様にご来店いただきながらこんな状況とは残念です。そこでこのような事態となってる原因をさぐれば消費税が問題かと考えるに至りました。
思い起こせば消費税の導入時からお客様からお預かりするとする考えは薄く、自らの財源の中から抽出したようです。その後税率が上がれば財務状況が苦しくなり幾らか価格に上乗せしていただいていましたが、その額が中途半端であったようです。
そしてここ8%に至ってはいよいよ税金を納める事が困難になり、このままでは店の運営が厳しいといった状況になっています。
手作りの店を標榜し運営していくには、多店舗化しているチェーン店等と同様な価格設定では無理な事です。味や品質を差別化し、それにみあった価格をいただいてこそ経営が成り立ちます。お客様にはご理解いただける事と思っております。