月別アーカイブ: 2011年6月

ルドゥーテ『美花選』展

%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%A5%E3%83%BC%E3%83%86.jpg
梅雨も半ばですがけっこう暑い日がづづきます。
こんなとき街中で涼を求めようとするならば美術館は最適の場所ではないでしょうか。それも、できるだけ大掛かりな展覧会などでなく、あまり込み合ってなさそうな美術館。また今まであまり馴染みのない作家であればなおさら良いかなと思っております。
 そんなことを考えて、渋谷文化村にてルドゥーテ『美花選』展を見てまいりました。
 しかしそんな思いとはうらはらに、けっこうな人でにぎわっておりました。
 私が知らないだけだったようです。
 ルドゥーテはルイ16世、ナポレオン1世、両宮廷に仕えた画家で、植物学的正確さを保ちながら芸術的評価の高い花の絵をのこしています。
 日本画の花鳥風月と相いれるところもあるのでしょう、結構な人気とみてとれました。しかも入館者の9割がたがご婦人でした。
 作家としての自己主張を極力抑え、あたかも草花に仕えるかのごとく描かれてきた作品群です。芸術作品とは作家の思い入れの塊と考えていたならば、こんな絵を見ることはとても新鮮ですね。
 しかし私は展示の後半になるとすこし端折った鑑賞となりました。新鮮な気持ちが最後まで持続しなかったようです。
    

今年も冷やし

CA3H0070.JPG
今年も冷やしソバの季節となりました。
7・8月の限定メニューですが前倒しで6月半ばよりスタートしました。
また9月に入ってもお彼岸ぐらいまではお出しできればとおもっております。
年々冷やしをごひいきになるお客様は増えており、期間を延ばして作っております。
中には通年メニューにと要望なさる方もいらっしゃいます。しかしそれには一日の出数が10人前はないと、仕込みに無駄がでてしまいます。冷やし好きのお客様がもっと増えれば可能性がありますね。
かつて、ジャズピアニストの山下洋介さんや筒井康隆さん、タモリさん、などが、一年を通して”冷やし中華”を食べられるようにと”全冷中”なる団体を立ち上げられました。動機は本物ですが運動自体 諸々の社会運動のパロディとなっており、けっこう注目していたのを憶えています。いまから30年ほど昔のはなしです。
こんな運動が今の時代にも起こりませんかな。

英国王のスピーチ

%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%81.jpg
ここ目黒はスクーターを15分もはしらせれば なにかしら興味をひく映画が見られる場所です。先週に引き続き自分だけの映画鑑賞。
今回はアカデミー受賞作「英国王のスピーチ」を見てまいりました。
時は第一次大戦後、第二次大戦のおこるまでの戦間期。
吃音というハンデキャップをもった英国王が、それを克服し国民に立派に語りかけるまでの人間成長ドラマです。
みどころは、王の治療を担当する言語聴覚士との交流。はじめは受け入れがたい関係もしだいに信頼関係を深めるにつれ、治療が実を結んでゆきます。
20世紀における国王の役割はかつての専制君主とはことなり、立憲君主としての制約と職責に縛られています。さらにはメディア発達にともない、かつての君主としての資質とは異なったものが要求されるようになりました。
この映画は不本意ながらも自分の適性とは異なる立場に立たされた男が、勇気を奮い起こして自己変革に立ち向かった真実の話です。そして見るものに勇気をあたえてくれる映画でです。

野菜タンメン

CA3H0046.JPG
五反田店 店長の小室君が、私の賄に野菜タンメンを作ってくれました。
野菜を強火であおり、鳥ガラと豚のゲンコツのスープを加えます。熱くなったフライパンの地肌に触れたスープは、瞬時に沸騰し油分が乳化して白湯となります。
かづ屋の動物系のスープはほぼ中華の清湯と同じといえます。この清湯だけで醤油ラーメンを作ったならば、昔懐かしの街場の中華屋さんの中華ソバとなります。
食べてみればあっさりしすぎで、インパクトに欠けるラーメンでしょう。
そこで中華屋さんで人気なのは、野菜タンメン、広東麺、天津麺、など調理した具がたっぷり乗った麺類です。
今回いただいた野菜タンメンも白湯となったスープに野菜のうま味がとけだし濃厚な味わいで美味しくできていました。
しかし味つけは塩ですが、いわゆる塩ラーメンとは言い難いところです。

テンペスト

%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%82%B9%E3%83%88.jpg
ここ数年映画といえば子供がらみでファンタジーか活劇かとなっていました。
久々ぶりに自分だけの映画鑑賞となりました。
シェイクスピアの原作を主人公を男から女に変え、あとは忠実に映画化したそうです。
テーマは復讐と許し、そして人生の終焉。
血なまぐさい悲劇が数々あるなかこの作品には流血はありません。主人公の寛容な心で物語が締めくくられます。
見終わったあとには穏やかな気持ちに浸れました。
しかしながら深く考えてみるに復讐するだけの能力(ここでは魔術ですが)と機会を手に入れたからこそ寛容になれたのではと思われてきましたが。これはじっくり心の中で咀嚼してみることにします。
主演のヘレン・ミレンの表情がとっても良く、他の出演作品も見たくなりました。