上海からマスク

 かつての従業員、上海在住の李さんから、「マスクを送りましょうか」と電話がありました。「まだ大丈夫だけど足りなくなったらよろしく。」と返しましたが嬉しいですね。
 10年程前に上海の李さんを訪ねた折に市場を案内してもらいそこで生きた食用動物を売る店も見ました。今回のコロナ禍もあんな市場が元凶かなと思いだしたりもしました。
 李さんに尋ねるとさすがに今は上海では市場で生きたままの動物の店はないそうです。しかしまだまだ地方では健在のようです。今回のコロナ禍で懲りてくれればよいのですが。
 ローカルな食文化が世界規模の災厄を招いたのはいかにも現代的です。
 20年ほど前にかづ屋で働いていた中国人に、子供の頃の食べ物がなくなるとお父さんがネズミを捕まえて料理してくれたと聞きました。かつては貧しさから家畜以外の動物を食べざるえなかったようですが、一方では珍味として多種の動物を食べる食文化が続いてきたようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>