ボナペティのサイトから


https://www.bonappetit.com/city-guides/package/tokyo

Tokyo_City_Guide_8
取材を受けていたアメリカの雑誌ボナペティのサイトから画像を拝借しました。
いつものワンタン麺とはかなり変わった印象をうけます。
我々が狙っているのは整然と調った丼の表面ですが、この画像では自然で猥雑に映っています。しかし匂いが立ってくるようなリアルさが食欲を引き立ててくれます。
かづ屋のワンタン麺の別の側面が表現されているのかもしれませんが、この辺りのほうが欧米に受けがいいのでしょう。
調った姿から料理のリアルさが伝わらないとする考えで崩しを加えながらの撮影となりましたが、それは意識的に作り上げたリアルさであります。ほんとうのリアルさを伝えようとするのであればいつもの調った丼が写されたでしょう。さてそちらでは欧米人の食指が動かされないのでしょうか。
近年になり日本食を外国の方にもひろまりなかでもラーメンはけっこうな人気でもありますが、感性の違いはまだまだあるかもしれません。しかしそも違いがあってこそ交わりの楽しさがあるとおもいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>