苅田
チェリストの苅田雅治さんとその御子息が参加されている、チェロトリオのコンサートにいってまいりました。
私とすればシェスタコービッチ弦楽四重奏全曲演奏の最終回以来となります。
本日の演目はバッヘルベルのシャコンヌ、バッハのシャコンヌ、ハイドンのチェロ協奏曲etcとなっていました。
チェロだけの編成でありながら多彩な音色が響いてきます。僅か4本のチェロから重層感さえ伝わって来ます。
中でも圧巻は最後に演奏されたチェロ協奏曲です。苅田雅治さんがソロを担当され、チェロトリオの面々がオーケストラのパートを演奏されます。 このハイドンの曲は初めてですが、若い頃の作曲でバロックから古典派様式への過渡的な作品と解説されていました。軽やかで明るいいロココ調が伝わってきます。
注目したところは苅田雅治さんの貫禄ある演奏です。 曲が速い調子になるとかなり複雑で素早い指使い危なげなくこなされます。ステージに威厳さえ漂っています。
印象的であったのが、息子さんが奏でたメロディにお父様のソロが音を重ねるあたり、親子と知って聴くのもありますが暖かなハーモニーを感じます。
そんな処で実に心暖まる演奏会であったようです。

」への2件のフィードバック

  1. kosako

    おはようございます。昨夜、閉店前に車でお店に寄らせて頂きました。その折に、十数年前に、お店がまだ五反田寄りにあったときにお邪魔した話をさせていただきました。大変おいしいラーメンと温かい会話を、ありがとうございました。思えば、十数年前、なにかの紹介で知ったのでしたが、大鳥神社のすぐ近くでおいしい中華そばを食べさせるお店があるということで行ったのでした。今みたいに山手通りも広くなく五反田方面へ右にカーブするところにあったなということと、それからいただいた中華そばも、スープが透明で、琥珀のように透き通り、そのときにいらしたご主人の印象と相まって、なにか陶磁器の透明さを重ねました。そのときの印象は強く、ずっと私の中に、白磁のような静謐さの雰囲気が残っています。それは高級感ということとは別で、恐らくご主人のあらゆる事に対しての御姿勢のような気がしております。長々と申し訳ありません。つい申し上げたくて、書き連ねてしまいました。また、伺います。よろしくお願い致します。

    返信
    1. kaduya 投稿作成者

      Kosako様
      ご来店いただき、さらにコメントまで頂戴し、まことに有難う御座います。
      閉店間際のせわしない雰囲気でしたが、一言二言の言葉を交わさせていただきました。そのおり、お子様にまつわる思いでの中にこの店を絡めていただけた事に心が和みました。
      思えば、kosako様だけではな他のお客様にも同様なお気持ちの方がいらっしゃるかもしれません。それを想像するだけでも心豊かになれます。
      そんな気持ちにさせていただけたのもkosako様からのお声がけでした。まことにこの仕事ながらの冥利かもしれません。
      しかしその反面、全ての方に同様な思いに至っていただけてはいない事も想像してしまいます。これからも気を弛めず励まねばと考えます。
      それでは、またのおこしをお待ちしております。
      また、すでに成人されたお子様にもよろしくお伝えください。
      有難う御座います。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>