下目黒日録 10月28日

 香月の閉店を知りました。独自性を考えるならばこの店も他から抜きん出た存在です。
 この店の原型は千駄ヶ谷にあったホープ軒です。ここの系譜は多く有名店を産み出していますが、この香月が最も成功をおさめたラーメン屋といえるでしょう。その成功の要因には他のホープ軒系にはない洗練された味作り店作りが有るようです。
 かつてホープ軒といえば、ガテン系御用達ラーメンの筆頭にあげられる存在でした。そんな出発点から考えられぬほどおしゃれな店を恵比寿に作りあげました。またラーメンそのものも、背油チャッチャ系に属してはいますが、丼の中は整然としています。またトッピングの種類も豊富で、その独特のオーダーの取り方と共に店の個性を際立たせていました。
 そんな香月も近年の話題にかつての景況よさはありません。数年前、三軒茶屋への移転、しばらくしての閉店。また恵比寿での再開。詳細はわかりませんが経営に難があるようです。いくら味作り店作りがうまくいっても、経営に放漫さがあれば長続きしないとなるのでしょう。他人事ではないと心しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>