下目黒日録 10月22日

 夜遅い時間帯の目黒店は、私とネパール人スタッフのサシ君の二人で店を切り盛りしています。時にお客様が途絶え静かな夜もあり、そんな折にはサシ君からネパールの話を聞く事があります。
 今ネパールで問題となっているのは、中東のカタールに出稼ぎに出た労働者に起こっている悲惨な状況です。
 近年成長著しいカタールでは都市建設に必要な労働者を外国人に依存しています。さらに2020年にサッカーワールドカップの開催が決定し建設ブームは拍車がかかっているようです。そんななかネパール人労働者も随分とカタールの建設現場で働いているようでが、そこでの過酷な労働状況が問題となっているようです。
 気候が厳しい現地にあって、安全性を省みず長時間の重労働を課せられているようです。さらに住居や飲食物も悪く死者が後を絶ちません。おまけに雇い主にパスポートを管理されており容易に職場を変える事ができません。無断で止めればパスポートもなく不法滞在者として投獄される危険があります。正に奴隷じょうたいです。
 今ワールドカップの開催を気候の劣悪さから変更すべきとの声があがっています。しかし考慮に入れるべきはこんな前近代の様相の国での開催そのものでしょう。経済力を備えていても近代国家の要件を満たさない国はけっこうあるものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>