下目黒日録 9月27日

 消費税の増税へと動きだしたようです。これは仕方ないとしても問題は価格にのせていけるかです。
 以前の二度あった消費税の改革の際、上手く価格にのせられず随分と苦しい思いをしました。これはどこも同じようで、消費税を自ら被ってしまった中小企業は多いようです。最初にこの税制が施行された時は、消費税を取らない事を売りにしている小売業もありました。またこの税は悪税であるような声が上がっており、消費税を取る行為は消費者への裏切りのような目で見る風潮もありました。
 そんな中で、かづ屋も最初は消費税を取らず以前と同じ価格で営業していました。結局後から多額の消費税を私自身が払う事になりそれが数年続くとさすがに耐えきれず価格改訂となっていきました。
 さらに税率が変わったときも暫くは耐えてみましたが長続きはできませんでした。
 この辺りは政府もよく理解しているようで、今回は特別に指導していくようです。
 消費税を価格競争の種に使えば、結局は自らの首をしめるはめとまるでしょう。今回は全国一律に消費税を取るようになれば問題は少ないと思います。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>