下目黒日録 9月23日

posuta.JPG 
 ポスターを貼りだして以来、五反田店において担々麺の注文が増えています。
 目黒店も同時に貼りだしていますがそこまでの変化はありません。やはり人通りに格段の差があるので反響にも違いがあります。
 さらに場所の特性を考えるならば、手作り感をアピールしたのが有効だったようです。五反田店の周りの飲食店を眺めて見るならば、大手チェーン店の支店が大半のようです。そんななかでかづ屋のような個人店に近い業態はそれだけで際立つようです。
 かつて、五反田店の運営を考える際に、価格やサービスを周囲の店とどのように競ってゆくか問題にしていました。しかし、考えれば考えるほどにその無謀さを思い知らされました。やはり、かづ屋は本来の手作りの味でお客様を納得させて行く道以外ないようです。
 色々な街を見てみると、飲食店の大手チェーンの比率は高まっているようです。五反田の街はその典型的な姿を現しているようです。そんな中で手作りを売りにしていく店は此れから益々貴重な存在となっていくでしょう。
 果たしてどれ程の方が、大手チェーン店がセンターキッチンなどで作ってきた物と、我々の手作りの商品との違いが判るのか測りかねる処です。しかし理解できる方は舌の確かなお客様です。そしてリピートされるのはそんな人達です。少しずつでもそんな方が増えていけばと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>