下目黒日録 10月25日

 電子書籍元年と何年も前から言われ続けていますが、今年こそはそれが実感できる年といえます。
 先日ネクサス7を購入したところですが、昨日はアマゾンから電子書籍端末キンドルが発売されました。その数日まえにはアイパットの新作発表と、新しい機器が求めやすい価格で登場してきています。
 私は買ったばかりのネクサス7で「青空文庫」を読んでいます。著作権の切れた名作が無料で手軽に読めるとは夢のような話です。極端な話、残りの人生「青空文庫」だけでもすごく充実した読書生活が営めるといってもいいかも知れません。
 しかしここで残念なことは日本の企業の影が薄いことでしょう。私の予定ではソニーのタブレットを購入しようと考えていました。しかしながら発売数日でのリコールと発売中止。今までのソニー製品への感謝の気持ちと激励の意味を含めて購入を決めていただけに残念です。
 さらにこの9月にはシャープがガラパゴスから撤退、この分野の先駆けが戦線離脱と言う始末。また楽天の端末も発売直後のトラブルですっかり印象を悪くしています。
 電子書籍のもつ可能性は限りを知らぬところといえます。私達の生活におおきな変化をもたらせてくれると思います。目が離せない処です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>