物語スペインの歴史 岩根圀和 中公新書

レパント海戦
今年は世界史を読むとしました。今回はスペインの歴史です
「北部のガリシア地方は、スペインの溲瓶(しびん)と揶揄されるほどに雨が多い。」冒頭にこんな表現の文があるので、この物語歴史シリーズではすこし毛色の違うかと思われました。確かにこの著者はイスパニア文学の先生であり、この国の通史を述べるよりこの国に生きた人物を語りたかったようです。
なかでもセルバンデスに多くの紙面が割かれています。それが我々のよく知る「ドン・キホーテ」の作者としてではなく当時を生きた兵士であり末端の役人であったりします。まずはオスマントルコ対スペインを中心としたキリスト教連合軍のレパントの海戦の最前線で戦い負傷します。さらにスペインに帰還の途上でイスラムの海賊に襲われ囚われて奴隷の身となりまたそこからの脱走話になります。また無事帰還後は小官吏となりスペイン無敵艦隊への食糧調達に奔走したりでありました。そして結局「ドン・キホーテ」の創作余談などはなくすこし肩すかしではありました。しかしこんな個人の虫観図のような物語に16世紀のスペイン社会が生き生きと蘇ってくるようでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>