月別アーカイブ: 2015年9月

萬和楼@横浜中華街

DSC_0387
台湾について何冊か読んでいるうち、当然ここは食欲にも繋がってきます。
そこで台湾フードとなりますが本場の牛肉麺(ニュールー麺)が食べられるこちらにやってまいりました。
今回で2度目めになります。店に入り迷わず牛肉麺を注文すれば、それを聞いたご主人がいきなり間合いを詰めて解説を始めます。こちらも興味があるのでさらに距離が詰まった会話となっていきます。
話によれば今でこそ台湾名物となっているこのニュールー麺もじつは外省人がもたらしたものだそうです。日本の統治が終わった後、大陸から国民党と共にやってきたそうです。もっとも中華料理全般にわたって高いレベルが味わえるそうで、それは蒋介石やその幕僚達がそのお抱え料理人として大陸から多くの調理人を伴ったおかげだそうです。
今日のニュールー麺は肉にゼラチン質が少なかったのは残念でしたが、相変わらずスープも麺も美味しくいただけました。
前回は麺をしっかりと写さないかったので今日は持ち上げて撮ってみました。この平打ちの感じは、カンスイの少なさもあいまって、ヒモカワうどんに近いかもしれません。台湾から取り寄せているようですのでたぶん乾麺だとおもいます。

司馬遼太郎「街道をゆく 台湾紀行」

618iziPPtuL._AA324_PIkin4,BottomRight,-45,22_AA346_SH20_OU09_
台湾繋がりで読んでみました。
司馬遼太郎は十代から二十代にかけて熱心に読みましたが、いまは新作も出ない事もありご無沙汰です。しかしこのての随筆は読みこぼしも幾らかあるようでなにかの折に見つけます。これもそんな一冊でした。
大まかな脈略 はありますが唐突に始まる話題もあります。そうして並べられた具体的な話題が著者の台湾感を浮かび上がらせていいきます。
その中で認識を新たにした事のひとつに李登輝を台湾のトップへと導いたのが蒋経国であった事。今までの台湾を政治を支配していた外省人(国民党と共に日本の敗戦後に台湾に入った人々)から、初めて内省人(日本統治時代からの台湾人)である李登輝が国民党総統になる事により民主化の端緒なりました。
また明治政府の台湾統治はその当初において相当激しい武力抵抗に見舞われた事実。後の成果を考えれば明治人の行った統治政策の努力が偲べます。
久々の司馬遼太郎でしたがこの街道シリーズは著者のエッセンスが味わえると思いました。今からこの作家の長編小説は冗長な感もあり読む気がありません。その辺りで考えてみるならばこの作家の膨大な作品群のなかで「街道をゆく」シリーズは今後も最も読み次がれていくのではないでしょうか。

邱永漢「香港、濁水奚」

41Dn5nq30vL._AA324_PIkin4,BottomRight,-47,22_AA346_SH20_OU09_
邱永漢の著書は「食は広州に在り」「象牙の箸」をはじめとする食物誌は何冊か読んでいました。しかしビジネス物の著作数は圧倒的ですが興味がもてませんでした。読んでいたならばもう少し商売も上手かもしれません。
今回この一冊に興味をもったのは台湾や香港絡みでした。最近大きな賞をとった在日台湾人の小説に物足らなさを感じ、シナ人の話、とりわけ中国本土以外の華人の世界を覗きたくなりました。
この一冊におさめられた2篇の小説は互いに関連しており、時系列的には「濁水奚」が先の物語ですが「香港」が巻頭にあります。
最初の話「香港」は台湾において政治犯として指名手配された主人公が香港に逃れその地で生きる道を模索する日々が描かれています。1950年代初頭の香港は中華人民共和国の成立により多くの人が流れ込み、生存競争の熾烈な社会となっていました。そんな状況に主人公は同じような境遇な人々と交わりながら、色々な試みを行いますがその都度挫折をあじわいます。やがて詐欺まがいな商売を手伝わされ一応の金は手にしましたが、先行きは不透明な状態です。物語はそんな不安感が漂うまま終わってしまいます。
「濁流奚」は太平洋戦争末期から終戦後、日本と台湾を舞台に著者の自伝的な物語となっています。台湾人の主人公は東京の大学で学びながらもシナ人としてのアイディンティティと日本に統治されている台湾の現状に悩みます。しかし日本の敗戦に伴い台湾に進出してきた中国国民党の腐敗した体質に絶望します。やがて国民党による政治弾圧が始まり主人公の身も危険となり香港に向かう事になります。
初めて読んだ邱永漢の小説に今まで持っていた著者へのイメージとは異なる処を得ました。シナ人としてのアイディンティティと現実の非情な政治情勢、さらに民族や国家の在り方にたいし答えがだせず煩悶せざるえない自身。この辺りから氏がより確かな現実としての経済活動に自らの軸足を移していったと考えてみました。

下目黒日録 9月2日

かづ屋が紹介されたテレビ番組の放映がありました。
先週収録していったTBSの白熱ライブ ビビッドの沿線ヨダレシピのコーナーです。
反響は放映後暫くして電話で道順の問い合わせが何件かありました。さらに営業を始めるとテレビを御覧になったと推測されるお客様もちらほらと見受けら、テレビで紹介されたチャーシュー麺を食べていかれました。

下目黒日録9月1日

1441092233734
かづ屋のスタッフのイミィさんが母国のミャンマーから日本に帰ってきました。
家庭の事情で今年の2月に帰国し半年間かづ屋を留守にしました。私的には信頼感のあるスタッフなので早く職場復帰を望んでいましたが、当初の予定より数ヶ月伸びてしまいました。
お土産を幾つかいただきましたが今日の賄いでひとつ食べてみました。小魚とニンニクと唐辛子を豆の油で揚げた保存食です。スナックとして食べてもいいですが料理に振りかけてもいけます。見た目程には辛さはなく、小魚の干物を食べている感じです。支那ソバに入れればエスニック風な味わいになりました。

下目黒日録 8月26日

テレビ番組の収録がありました。
放映日は9月2日番組は TBSの白熱ライブ ビビッド、その水曜日のコーナー沿線ヨダレシピで紹介されます。
番組のテーマは主要駅周辺の人気飲食店上位を幾つかを紹介し、その店の一品を家庭で作れるようにレシピを公開といった処です。
かづ屋はこの目黒駅界隈において 第二位の人気店として紹介さされます。さてどんな根拠からその順位はついたか甚だ疑問に思えます。食べログにおいてもかづ屋より人気店のラーメン屋はいくつもあります。 しかしそこは深く詮索もせず有り難く第二位の称号を頂くことにします。
かつてコント作家の「はかま満男」さんが自分のキャッチコピーに「コント作家世界第二位」と唱えていました。なるほど第二位ならば同業者からケチがついても「いやあなたが世界第一位ですから」と逃げられそうです。意外と居心地の良い位置かもしれません。
さてかづ屋への取材はチャーシューがテーマとなりました。チャーシュー麺を紹介されるとともに家庭でチャーシューを焼くレシピを公開する事になりました。といっても厳密に同じものを作るには色々制約があります。そこで蜂蜜を使う事をポイントに簡略化したレシピを作っておきました。
今日の予定朝9時からはチャーシューを焼く工程やチャーシュー麺の完成品の撮影を2時間程かけておこないました。
明日はタレントさんと局のアナウンサーがかづ屋を訪ねてくる模様を撮影します。さらに土曜日には営業時間中に店が賑わっている光景を収録します。久々の大掛かりな収録にどんな番組になるか楽しみです。