処女の泉 ベルイマン

%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%A4%E3%83%9E%E3%83%B3.jpg  中世の北欧、豊かな自然の中、信仰深い夫婦と純潔な一人娘に悲劇がおこります。教会へ蝋燭を届ける用を託された娘は、その道すがら出くわした男達に凌辱されて殺されます。偶然に復讐する機会を得た父親はそれを遂行しますが、娘を失った哀しみは晴れません。父親はこの悲劇をご存知であるはずの神に、その沈黙の意味を問います。そしてそれに答えるかのように、娘が殺された場所から泉が湧いてきました。
 物語はいたって簡潔です。悲劇と復讐そして救い。物語が求めたものは神の沈黙の意味なのでしょうが奇蹟が救いへと導きます。しかしこの物語の舞台が中世であればこそ奇蹟に話をもって行けます。この後のベルイマンの映画製作において同じ主題として、神の沈黙が問われていますが、現代を舞台とするならば容易に奇蹟をもって来れないと思います。
 この物語は一連のベルイマン作品のなかでの考えみるならば、今後、生涯を通じて追い求める主題の序章なのでしょうか。もしくは、神を見出だす事が現代においての困難さを、物語を中世を舞台にすることにより、逆に提示しているのかもしれません。
 こうしてこの夏は三週続けてベルイマンの作品に浸る事になりました。若い頃は難解と思えていた作家ではありますが、こうして鑑賞してみるならば随分と楽しめたと思います。幾らかは私も成長したのでしょう。
 作品の主題を考えてみるならば、どの作品も普遍的で大きなテーマです。「死について」「神の沈黙と証し」「人生の意義」これほど根本的命題に真っ向から取り組まれた作品も現代においては希かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>