月別アーカイブ: 2020年11月

尾道にて

DSC_0163
家族の件で帰省しております。
地元の友人から最近の話題をいくつかしいれました。
閉店した朱華園は店主の血縁者がラーメン屋を開業されるようです。店名は異なるようですが味は期待できます。朱華園の名は伝説の中に生きる事になるようです。
ホリエモンマスク事件の餃子屋さんはクラウドファンディングでお金が集まり場所を移しての再開です。尾道の飲食店にはうちにもホリエモンさんきてほしいとラブコールもあります。
ホリエモンといえば先程の朱華園も閉店と聞いて彼が事業継承も考えたとYouTuberで話しておりました。
尾道は小さな町ですが全国区的な話題もチラホラとあります。
写真は土堂小学校の上から尾道水道を眺めました。この小学校も廃校になるようですが、趣きのある校舎は保存したいと声が上がっています。

せたが屋@駒沢本店

せたが屋
味を変えたと報じられているので行ってまいりました。
かつて食べたのはいつだっただろうか、どんな味であったのか少し記憶は確かではありません。しかし実際にラーメンを食べてみればその変化は理解できました。確か以前は透き通った醤油味であったはずです。今日いただいたのは豚骨への分水嶺を少しだけ越えた感じがあります。さらに海産物の節系もしっかりと煮出されていました。以前から端麗系にしてはメリハリのある味わいであったようですが、味変してさらにわかりやすくうま味が伝わってきます。
さらにおいしかったのはぷりぷりとした麺です。これも以前とは違うか記憶が定かでではありませんが、幾分太くなり加水も増えて弾力のある歯ごたえが増した感じです。最後まで伸びず、これなら大盛りにすればと思いましたかった。
さてこちらのお店がこんな味変えをされるのは様々な事情もあるのでしょう。業界全体を考えてみても昨今の新しい店はみな味わいのしっかりとしたラーメンを作ってきています。たぶん以前と比べ物にならないような原価もかけているようです。そんな風潮に伍していくには既存店も相当に工夫が必要となっています。
さてかづ屋においても極端な味変は行っていませんが年々工夫を怠ってはいません。原価も少しずつかけています。それに従い調理技術だけでなく経営全般で努力が必要となっています。