月別アーカイブ: 2020年9月

日本人の勝算 デービット・アトキンス著

デービット
自民党総裁選が終了し新総裁に管氏に決定しました。管氏の若き日は苦学生であったようです、かつての私も同様な苦学生であったので実に親近感が湧く政治家です。
その管氏に影響を与えているとされているのがデービット・アトキンソン氏であります。今年の初め頃に氏の著作読んでいたのでこれを期に再び読み返してみました。
この著書において現在の日本のおかれている現状とこれから到来する窮状からの回避する手立てを模索しています。今後の人口減少と高齢化社会は、日本の先進国としての地位を危うくする以上に後進国への転落の可能性が考えられるとあります。
人口減少により今までの日本の強みが打ち消されてしまうようです。GDPが大きいのも輸出量が多いのもどちらも人口が多いからであります。
そこで著者が問題とするのは日本の生産性の低さです。World Economic Forumの評価では生産性は世界第28位という結果、しかし労働者の質は世界第4位とされています。なにかがおかしいと考えるべきでしょう。
そこでこの著書で提言されているのが、高生産性・高所得資本主義を実施する、その為に企業規模拡大を促し、最低賃金の継続的な引き上げを行うであります。
日本は優秀な中小企業が経済の根幹にあるとされていますが今やそれが生産性の低さの原因ともなっているとあります。
巷でよく企業の人手不足や後継者不足を耳にします。生産性が高く高所得であればおのずと人が集まるのでしょう。中小企業が倒産しまた統合されていくのは合理的な事かもしれません。かつて読んだ小室直樹氏の著書には「資本主義の要諦は淘汰にある」これを肝に銘じるべきでしょう。
確かに私の属する飲食業においても大手と中小の差は歴然としています。昨日もサイゼリアで食事をしましたがこの価格でこの品質とはと実に感心させられました。それでも我々のような個人商店にしかだせない味わいがまだまだ存在するのでなんとかやっていけているのでしょう。しかしそれがいつまでも続くと考えてはいられません、生産性を向上して授業員の給料を上げる事を目指さなくてはなりません。

貧困旅行記 つげ義春

貧困旅行
今年は世界史を読むですが、すこし脇道に。
著者は熱心な読者のいるカリスマ的な漫画家です。貸本文化の隆盛の頃よりその独特な作風にて作家としての地位を確立していました。雑誌「ガロ」に作品が掲載されてたようですが、私はもっぱら白土三平の「カムイ伝」読んでいましたが、著者の作品はほとんど読んだ記憶はありません。
そんなところで当初の予想は厭世的で浮世離れし暗い情念の世界があるのかと思っておりました。しかしけっこう俗物的で親近感が湧いてきます。また題名が「ひんこんりょこう」と「しんこうりょこう」の語呂と似せているのも著者の脱力感のあるユーモアでニンマリとさせられます。
著者は実に旅好きですが一般にあるような名所旧跡やご当地の美味しいものとかには興味が向いていません。旅の目的がしがらみを捨てて隠棲場所を探していたり、また蒸発目的であったりでその折々の妄想は旅の道ずれであるようです。
題名に貧困をうたっていますが旅行をするのであるのでそこまで深刻さはありません。しかしこの作家は寡作であるので印税生活のお金持ちでもありません。そのため安宿にとまるも一泊いくらであるか実に気をもんでおりそのせちがらさも貧乏臭さに拍車がかかります。
侘しい温泉宿や貧乏くさい田舎宿に興味を注がれていますが、さらに見るべき所もなくくたびれた宿に対して、こんな絶望的な場所があるのを発見して救われるような気がしたとあります。そしてその挙句には、その施設の劣化した様子等に興味を注いでいます。これは実際に実在する宿の残念な個所を取り上げており商売の妨げにもと思いもしますが、それでもこれを読んだ読者が目当てにして訪ねればそれはそれでも良いかもしれません。
著者はとかくものぐさで怠惰な自己を画いていますが、こんな読ませる文を綴るのはそれ相当のエネルギーが必要かと考えます。また本業の絵も差し込まれていますがこれとてかなり考えて描きこまれた感はあります。本人とすればそんな自分からの逃避の願望であったのかもしれません。本文の中に貧しげな宿屋で自分を零落者に擬すれば安らぎと開放感が味わえるとあります。著者はこの「貧困旅行」を一時の逃避行にしていたようです。
作家の紀行文であれば司馬遼太郎の「街道をゆく」等はけっこう読みました。旅に行き天下国家文化文明を語るも良きかなですが、それと対照的な世界もはまってしまう処があります。